なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-06 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロス・インディオス

『コモ・エ・スタ赤坂』で記憶に残るロス・インディオスだが、子供すぎた私にこの曲は少々縁遠い。後年、シルヴィアと組んでヒットした『別れても好きな人』の印象の方が強い。だが、いずれも「ムード歌謡」に分類される二曲で、ムーディー好きな私のツボに入っている。

同じ「ロス」のロスプリモスもそうだが、あのなよっとしたボーカルがたまらない。ロスと名のつくグループはラテンコーラスがその成立母体らしいが、なぜか共通して感じるのは思わず歌いたくなる「誘惑光線」を発していることだ。

ゴールデン☆ベスト ロス・インディオスゴールデン☆ベスト ロス・インディオス
ロス・インディオス

ユニバーサルJ 2004-06-02
売り上げランキング : 66045

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑チコ本間さん、2007年末に急逝・・・。


シルヴィア & ロス・インディオス
↑ダウンロード購入。

それが顕著なのは『知りすぎたのね』である。一般に菅原洋一で広まったこの曲は、ロスインディオスも歌っている。菅原バージョンはじっくり聴かせるが、ことロスインディオスの手にかかると、つい歌いたくなってしまう。

間違いなくこれは「声の持つマジック」というべきものだ。反面クセが強い分、セールスとして菅原洋一に軍配が挙がったのもうなづける。アルバムに収録されている『夜の銀狐』にしても同様で、結局どんな楽曲でも彼らが歌うと「インディオス・カラー」に変換されてしまうのだろう。

1960年代、ムード歌謡全盛時にデビューした彼らは早々にヒットを飛ばすが、約10年後の1980年にシルヴィアと組んだ『別れても好きな人』で世代を超えて認知された。ただ『別れても好きな人』では、本来のロスインディオス・カラーを抑えている気がする。

Gold J-POP Classics ユニバーサルミュージック編
Gold J-POP Classics ユニバーサルミュージック編オムニバス

おすすめ平均
stars掘り出し物かも???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑懐かしいオムニバス集。

もちろん、それはシルヴィアが主の曲なので仕方ない。だが、それが結果的にポピュラリティーを生んだといえなくもないし。

マヒナスターズもそうだが、彼らもまた様々な女性とタッグを組んでいる。有名なところでは先に書いたシルヴィアや桑江知子がいる。また、園まりとも歌っている。ムードコーラス・グループにはどうしたってネオン街が欠かせないわけで、それはすなわち夜の世界。だからそこに女性が関わってくるのは当たり前なのだろう。もちろんフェロモン指数の高い女性でなけりゃ・・・。

そしてもうひとつ。グループ・メンバーの加齢と共に「ムード」が似合わなくなっても、若い女性が加わるだけでカバーできるメリットもある。ま、変形のモー娘なのかもね。しかし、どんなことをしたって、おのずと限界はあるのだけれど。

ロッテ歌のアルバム~ユニバーサルミュージック編~
ロッテ歌のアルバム~ユニバーサルミュージック編~オムニバス

おすすめ平均
starsロッテ歌のアルバムから

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑やはり懐かしい曲ばかり。

♪試 聴⇒続・青春歌年鑑 ’80 PLUSicon
♪試 聴⇒魅惑のカクテル・ナイト~ムード・コーラスをあなたに~icon

★株式会社アプローズ ←所属事務所







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑コモエスタ クリック! 酔いしれてみたいのよ~(←お願いします)

<広 告>
僕はラジオ
僕はラジオマイク・リッチ

おすすめ平均
starsドキュメンタリーならではの感動的ラスト
stars本当にすばらしかった!
stars三人の役者が凄く良い!
stars俳優の力量の凄さを感じさせるヒューマンな映画
stars演技の素晴らしさに脱帽

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑場違いですが、また映画のご紹介を。
これはもう感動の名作です。偶然つけたTVで見たけど、冒頭からなぜか惹きこまれた。機会があったらぜひ見てください。お勧めです!




スポンサーサイト

コメント

『コモエスタ』玉置、小林Ve

今日の新聞報道で、チコ本間さんが2007年12月25日に急逝していたことを知りました。ほとんど存じ上げない方だけど、今でも「懐かし系」の番組で見るグループなので驚きはあります。ご冥福をお祈りいたします。

さて、先日まで本家の『コモエスタ赤坂』がUPされてたけど、もう無くなってました・・・。変わりといっちゃなんですけどドラマ「キツイ奴ら」で歌う玉置、小林薫バージョンを。このドラマ、大好きでしたね。『ラブユー東京』も歌っていたっけ。

http://youtube.com/watch?v=XEy3o-jfZmM
day 2008-01-1621:48
name メロオ
trip -
url

編集 ]

はじめまして
「販売サイトリサーチ代行ブログ」のyujiといいます。
楽しくまた懐かしく拝見させてもらいました。
是非相互リンクして頂けないでしょうか?お願いします。
返事は私のブログのコメントにお願いします。
また訪問させてもらいます。

ありがとうございました。
day 2008-01-2314:14
name yuji
trip -
url http://point45.blog21.fc2.com/

編集 ]

代表的な曲は…

…やはりこれなのでしょうねぇ。

『別れても好きな人』
http://www.youtube.com/watch?v=TBqRyk7Jmms

ある意味、デュエットの定番になった感があります。
この歌は、元々

http://www.youtube.com/watch?v=HAkNtkX0VC4

『小さなスナック』などで有名なパープル・シャドウズの曲だったんですね。

軽快なメロディと詩が印象的な曲です。
この曲を作ったのは、佐々木勉(べん)です。
同時期に、ザ・サベージの『いつまでもいつまでも』を手掛けた佐々木勉(つとむ)と同姓同名のいう方がいるので、混同されがちです。
この曲を手掛けた勉(べん)さんの方ですが、

『あなたのすべてを』
http://www.youtube.com/watch?v=KiYobeIxV-M

『星に祈りを』
http://www.youtube.com/watch?v=vlNANjUwrAg&feature=related

メロオさん的には
http://www.youtube.com/watch?v=y5OqMWWmIGk

これの作曲でしょうかねぇ。

この佐々木さんですが、1985年に46歳の若さで亡くなりました。
若くして亡くなったのは残念ですが、こうやって色々な曲を残し、紅白歌唱楽曲なども手掛けた、そういう意味では、いつまでも心の中に存在し続ける偉大な方だなぁと思います。
day 2009-08-1512:33
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

好みのタイプ

もちろんお名前は知ってます、郁恵ちゃんから(笑)。
でも、郁恵ちゃんの曲は「らしくない」ですね。
こうして挙げていただくと、佐々木勉はどうもムーディーなところに本領があったように感じます。
そして、それがとても私好みでもあります。
ロマンティックに弱いんですよ(笑)。
day 2009-08-1622:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/555-d3d06550

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。