なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本伊代

伊代はまだ16だから~♪、から早数十年が経って、40代の松本伊代。
そりゃ、私も老いるわけだ・・・。若いときの1、2歳の差は大きいが、40代になったらもうみんな一緒、ということにしておこう。

さて、妙に通る声質の彼女だが、実は歌手としての思い入れは薄い。
タレント・イメージが強いせいである。バラエティーのイメージがあって、いわゆる「バラドル」の一人。しかし、記事を書くにあたり調べたら相当、シングルを出していたことを今さら知る。
そんなわけで知識もなければ資格もないけれど、少しだけ書きます。

松本伊代 Best Selection
松本伊代 Best Selection尾崎亜美 売野雅勇 松本隆

おすすめ平均
stars月下美人

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑声がとおる分、歌手向きの資質でした。

松本伊代 ←ダウンロード購入。

彼女の場合、知名度はバツグンだけど代表作が思い浮かばないのだ。常にバラエティーを筆頭にTVの画面に映ってる印象が強い。それでいえば、今の芸能界を先取り(?)していたのかもしれない。
つまり所属先は、ドラマでも歌でもましてお笑いでもなく「TV界」そのものということ。なにしろ、『TVの国からキラキラ』という曲も歌っているぐらいだし。

一般論として語れば、代表作がなかったりジャンルが不明朗だと不利に思える。ところが、彼女の場合まったくあてはまらない。今でも一線で活躍しているのはさすが、というかなんというか(笑)。まあ、芸能界はそもそも一般論があてはまる世界ではないのでしょう。

「ディズニーランドに似合う芸能人を作りたかった」、これは所属事務所のT社長が語った言葉である。そして、伊代はデビューした。なるほど、日常から切り離された架空の世界、というコンセプトは、まさしくTV的だ。
(もっとも、東京ディズニーランドの正式オープンは1983年の春だから、伊代ちゃんデビューの2年後で後付けの言葉なんだろう)

きみになりたい。
きみになりたい。オムニバス

おすすめ平均
starsおすすめ。
starsきみになりたい
starsよい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑小西康陽が女性アーティストに提供した新旧の楽曲を集めてるそうです。

そうすると、ありえない世界の住人だから逆に代表作があればまずいのだ。
固定イメージに染まったら、それはもうミッキーやドナルドに成りえない。そもそも、デビュー曲『センチメンタル・ジャーニー』で、明らかにキャラ化宣言している。年齢と名前を織り込んだ歌詞は、完全に第三者のそれだ。あくまでバーチャル・キャラとしての松本伊代なのである。

本来、ヒロミとの結婚だってなかったことにしたいぐらい。ただ彼女はそれをオープンにしても、なぜか生活のニオイが感じられない。今、TVで見ても違和感がない。ひょっとして、それが彼女の特性なのだろうか。

最近は「キュティー★マミー」(堀ちえみ早見優)の活動もしてるが、それだってどこかバーチャル感がある。(『ミッキーマウス・マーチ』をリリースしてるのは、ハマリすぎでしょう)
まあ「嘘くささ」と紙一重ではあるが・・・。

アイドル・クリスマス・ソングス
アイドル・クリスマス・ソングスオムニバス 岩崎良美 早見優

おすすめ平均
stars思い入れがないと良さが分からないかも。
stars無理があるなぁ...。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑思い入れはないけど、クリスマス好きです。

♪試 聴⇒松本伊代 Best Selectionicon
♪試 聴⇒女性アイドル自己紹介ソングス~自分の名前を歌ってしまう、これぞ究極のアイドルソングicon
♪試 聴⇒アイドル・クリスマス・ソングスicon

<映像>『流れ星が好き』
<映像>『サヨナラは私のために』

★「天使のバカ」本人のブログ
★キューティーマミー(公式サイト)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑夜空の星もキラキラ 私のクリックもキラキラ~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

視聴・松本伊代

★『センチメンタル・ジャーニー』

http://jp.youtube.com/watch?v=R2ZxJJG2sqE

まあ、他にもいろいろいっぱいUPされてますねぇ。
day 2008-09-1201:33
name メロオ
trip -
url

編集 ]

だからか…

『センチメンタル・ジャーニー』そのイントロなどの演奏が、何か、いまや昼の長寿番組になった“いいとも”のオープニングに似ているなぁと感じたんですが、アレンジが鷺巣詩郎だったんですね。
妙に納得しました。
さっき、しのづかまゆみのところに書いたからって訳ではありませんが

http://jp.youtube.com/watch?v=m09GXeHdt1k

『太陽がいっぱい』

これが、篠塚満由美の詩なんですね。
こう見ると色々と繋がってますねぇ。

CMも色々出てましたが

http://jp.youtube.com/watch?v=qB2SeYjUKwU

とか

http://jp.youtube.com/watch?v=Kb8LDD1hMOg

など懐かしいです。
個人的には、ボンカレーファイブスターで、ラッキョウが転がって笑いが止まらないのとかが印象的です。
あと、ドリフトからむコントも面白かったですね。

day 2008-11-0910:08
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

繋がってます

芸能の世界は、歌もドラマもいろいろ繋がってますよね。
『太陽がいっぱい』って曲、あまり知らないけど、どこか中原めい子を思い出しますねぇ(笑)。

私は当時、松本伊予代に対する思い入れほとんどないんですよ。
ほら、やっぱりポッチャリ形がタイプだから(爆)。
day 2008-11-1307:18
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/560-d132934a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。