なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-04 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべ静江

小柳ルミ子の『瀬戸の花嫁』に似たイントロにかぶせて、ナレーションが入る。
「お元気ですか そして 今でも愛していると言ってくださいますか」
そして ♪みずいろは~涙色 そんな便箋に♪ で<あべ静江劇場>は開幕するのだ。

デビュー2曲目の『みずいろの手紙』は、とても刺激的だった。(もちろんデビュー曲『コーヒーショップで』も素晴らしい)
まだまだ子供だった私だが、世の中にこんなキレイな人がいたのかと口あんぐりの状態。それほど、理想の「キレイなお姉さん」だった。

「あべ静江」SINGLESコンプリート
「あべ静江」SINGLESコンプリートあべ静江

おすすめ平均
stars溜め息がとまらない しーちゃんの艶voice♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑綺麗(昔)なお姉さんは好きですか?

清楚の世界から抜け出たような彼女は、声質と雰囲気がまた魅力的でまさにオーラが出ていたよ。
今でも、昔のVTRに写る彼女は理想の「綺麗なお姉さん」ナンバーワンです。

後にTVドラマ【青春ド真ん中】(出演:中村雅俊、秋野太作、神田正輝)にマドンナ先生役で出演。
しかしこの時はすでに興味から薄れていた。(でも充分、美しい)

やはり彼女の魅力は、あの高く上品な声で歌ってこそ発揮されるのでは。
なぜに、歌手路線を早々に転換したのだろうか?(売れなかったのかなぁ?)

しかしそんな綺麗な彼女が今でも独身とは、あの頃想像もできなかった。
世の中って、不思議だねえ。

PS:過去ばかり振り返る私は、今でも昔の彼女の映像を見ると胸キュン状態。おそらく一生そうなんだろうなぁ。

Myこれ!チョイス 30 TARGET+シングルコレクションMyこれ!チョイス 30 TARGET+シングルコレクション
あべ静江

PONYCANYON INC.(PC)(M) 2008-07-16
売り上げランキング : 49482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑ホントに、ホントに、本当にキレイでした。

★青春歌年鑑BOX '72~'77 ←ここでも【試聴】できます!

♪試 聴⇒「あべ静江」SINGLESコンプリートicon
♪試 聴⇒MYこれ!クション あべ静江 BESTicon
♪試 聴⇒音盤社史2~ポニーキャニオン40周年・うちの息子と同い歳~アイドル・歌謡曲・キッズ編icon
♪試 聴⇒TARGET+シングルコレクションicon

★女盛りゲザデレタ
★美人熟女あべ静江をめでる会







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑お元気ですか。今でもクリックして下さいますか~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

いいですねぇ♪

あべ静江の1st&2ndヒット曲は 、当時小学生だったワタシにもなにかジーンと来るものがありました。(^^)
“綺麗なお姉さん”、ワタシも好きです!(昔)
day 2005-07-2121:38
name ぶるじん
trip -
url

編集 ]

わかります

確か「みずいろの手紙」は僕が生まれた頃の唄だと思うのですが、テレビ東京の懐メロ番組であべ静江さんを見たときの衝撃は忘れられません。
ドラマでのマドンナ役も見てみたかったなぁ。
day 2005-07-2500:25
name モアイ
trip -
url http://blog.goo.ne.jp/zvg07273/

編集 ]

いやあ、やっぱり綺麗なものは綺麗で・・・皆さんも「綺麗好き」ですねえ。(笑)最近、少し滝川クリステルちャんが気になってるメロオでした。でも、あの頃のしーちゃんに匹敵する人はなかなかいないなぁ。
day 2005-07-2506:29
name メロオ
trip -
url

編集 ]

Oh!セニョリータ

そういえば昔NHK-BS2であべ静江さんの「Oh!セニョリータ」という曲のミュージックビデオ(フィルム?)を見た事があります。あやしい外人に迫られる「あべ静江」な映像がかなり面白かった記憶があります。確か1978年位の映像だったので、ちょうど大人の女性へと路線転換図ってたのかもしれませんね。
day 2005-07-3101:46
name モアイ
trip -
url

編集 ]

コーヒーショップで

彼女の唄では断然好きな曲。伸びやかな高音部、聞かせどころ。

学生時代にラジオのDJやっていたとかで、かなりおしゃべりの人だったけど、美人は黙って!が事務所の方針、で寡黙に徹してたそう。

彼女ほどの美人歌手は、西田佐知子以来だったのでかなりの衝撃だったなぁ。以来膨らんだり細くなったりの繰り返し、TVで唄う曲は何時も水色の手紙ばっか。たまには、おっちゃんのリクエストに答えて♪古くから学生の町だった 数々の青春をーーー♪唄ってよ、しーちゃん!。
day 2005-09-1521:55
name 後村上
trip OvAV14KQ
url

編集 ]

西田佐知子

そうですか、西田佐知子もそんなに綺麗だったんすか。「アカシアの~」しか知りませんが、スレンダーのイメージしか残ってません。
関口宏との結婚は、西田の方が格上だった印象がかすかにあります。
day 2005-09-1608:51
name メロオ
trip -
url

編集 ]

珠玉のデヴュー曲 「コーヒーショップで」

    メロオ様、こんばんわ。

最近ハマッているのが昭和48年発表のあべ静江さんのこのデヴュー曲、その陳腐なタイトルとは裏腹に大変素晴らしい楽曲です。
勿論聴くのは生まれて初めてでした・・・。
この作品はフォー・クローバースの「冬物語」よりも、もう一段完成度が高い傑作です。なぜと言うに、それは静江さんのヴォーカルも見事だからです。

イントロはイングリッシュホルンと共に、こちらもまた「歌う」ような音色というのがふさわしいオーボエ、この美しい美しい旋律は当時彼女の美しさとともに一体どれだけの特に男性を魅了したことか・・・。
今や「大御所」とも言うべき馬飼野兄弟のお兄さんの方の素晴らしいアレンジです。

このオーボエ、彼女の歌声と絡み続け、続く間奏でもストリングス(弦楽器群)とともにその魅力を遺憾なく発揮しています。聴く私は彼女の声質ともあいまってどうにかなってしまいそうです・・・。
無論、三木たかしさんの二拍子のこれまた美しい旋律あってのことですが。

さてこの曲、同時に例の阿久悠さんの詞が絶対に無視できません。

舞台は城下町の古くからの学生街のコーヒーショップ。
嘗て、植民地も併せれば38あった旧制高等学校、内地に限ればその全てが城下町に作られました。戦後は一期校、二期校の国立大学になりましたね。そういうわけでこの詞はわりと程度の高い学生達の話だと思うのです。

しかもこの作品、昭和48年発表ということは例の学生運動が終わって間もない頃、その時マスターが愛しているのがフォークギター、これは何を意味するのか・・・。
フォークギターとは、実は学生運動を冷ややかな目で見ていた若者達が愛した楽器だったのです。
ここに阿久さんの主張が見て取れると思うのは、考え過ぎでしょうか・・・。
事実、あの運動は、「結局は体制側についた方が得だ。」という結論が出て終わりましたね。これは大昔からのステレオタイプ、何にもならなかったわけです。
とはいえ、この時代と人の評価にはもう少し時間がかかりそうですね。

大分話が深刻になってしまいましたが作詞家の阿久悠、その詞を口ずさむ者に対し、なかなか意味深な問いかけをすることの多い人ですね。
お互い暫く格闘せねばならぬ相手ですね(笑)。

最後にこの曲、やはりGeminiさんはすぐに気に入ってくださるでしょうね(笑)。
それでは。





day 2007-03-0322:12
name
trip -
url

編集 ]

しーちゃん

「過去ばかり振り返っては、ダメよ!」と、ある女性が語っていますが、どうしても「思い出」に生きてしまうメロオです。
あべ静江にしても、ついつい当時のお姿ばかりが浮かびます。なんと、綺麗なお嬢さんだったことか。しかも、魅力的な高音でじっとり見つめながら唄う。もう、たまりませんね(笑)。きっと、いつの時代でも、そんな人はいるのでしょう。でも今、見渡しても見当たらないけど・・・。。そう思うのは、すでに欲目なのかなぁ?
day 2007-03-0504:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

『コーヒーショップで』

実は、『コーヒーショップで』が入っている音源を持っている事がわかり、探し出し見つけ、聴きましたが、いい曲ですね。
馬飼野兄のアレンジ、三木たかしのメロディ、阿久悠の詩、そしてあべ静江の歌唱、全てが揃っていて、聴き入りました。
私も三木さんのメロディは好きで、特に阿久さんやとよひささんとのコンビは絶妙だなと常々感じてます。
また、この曲がデビュー曲ですが、デビュー曲から、みんなが割と知っていますね。
本物の歌手は、デビュー曲から光る何かがあるものだと感じました。
さて、別なところで話したあさみちゆきの『青春のたまり場』と言う曲がありますが、この『コーヒーショップで』を何となく彷彿させる曲だなと感じましたが、やはり、作詞は同じ阿久さんです。
時代が変わっても、作詞家の世界観はそんなに変わらないものだなと思いますし、阿久悠は偉大なWriterだなと感じます。
ちょっと雑駁ですが、最後に、いい曲に時代は関係ないですね。
day 2007-03-1120:47
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

お元気ですか

どうにもPC、不調です・・・。

さて、この時代の曲は、ほとんど阿久悠が絡んでいるイメージがあります。独禁法に違反するんじゃないの(笑)。
『みずいろの手紙』のナレーションも素晴らしいなぁ。
day 2007-03-1302:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

映像。あべ静江

消える前に、じっくりご覧ください。
★『みずいろの手紙』
http://www.youtube.com/watch?v=dCyqWcauXG8

♪わたしの元へ来てください~♪って言われなくても、スッ飛んで行きたい(笑)。
day 2007-03-1707:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

<映像>あべ静江

上でリンクした『みずいろの手紙』、すぐに消えてしまい残念!
でも、『コーヒーショップで』を発見。しかし18年後の映像らしいので、昭和66年(もう平成かな)。できればバリバリの当時の映像が見たいもんです。
http://www.youtube.com/watch?v=8s8J51p92aQ
day 2007-03-2620:44
name メロオ
trip -
url

編集 ]

<映像>あべ静江

上でリンクした映像、二作品がひとつになってUPされてました。
★『みずいろの手紙』
 クロード・チアリのギター付き。バリバリ現役時代の美しきお姿。
★『コーヒーショップで』
18年後のしーちゃん・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=c3Zs2HnlxJ0
day 2007-04-0504:54
name メロオ
trip -
url

編集 ]

視聴・あべ静江

しつこくYOU TUBE動画をUPします(笑)。だって、綺麗すぎるんだもの・・・。

★『コーヒーショップで』
http://www.youtube.com/watch?v=TPTG3hWNhlA

★『みずいろの手紙』
http://www.youtube.com/watch?v=25wvaVX1lYI
day 2008-03-1505:19
name メロオ
trip -
url

編集 ]

珠玉のデヴュー曲 「コーヒーショップで」・・・その2

こんばんわ。

「コーヒーショップで」・・・、フルに聴けました、しかもオリジナル音源・・・(^o^)・・・。

こちらから、是非・・・。

http://blog.xuite.net/baka/blog/15226264

さてこの作品・・・、
実は作曲家の三木たかしさんが、大スランプを乗り越えて完成させた旋律でした・・・。

救いの手を差し伸べてくれたのは阿久悠さんだったそうです。
阿久さん、都倉さん、森田さん・・・、この三人の創作活動の話を聞きながら一週間の船旅を
しているうちに、曇っていた感覚に変化が生まれ、また書こうと意欲が湧いてきたそうです。
そしてその旅の終わりに阿久さんが「書いてみない・・・」と誘ってくれたのが、
当時デヴュー準備中のあべ静江さんのための作品「コーヒーショップで」だったのです。

この「復活第一作」・・・、前にも書きましたが素晴らしいですね・・・(^-^)。

ついでに今まで私が取り上げた彼の佳曲から二曲ほど・・・、いい機会ですから・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=3FYj3TbY8V4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4olME6PPnWM

三木さん・・・、彼の半生はハチャメチャ・・・(T-T)・・・。
でも「肥やし」になったんですね、芸の・・・・(^-^)・・・。




day 2008-04-0120:27
name
trip -
url

編集 ]

三木たかし

スランプがあったんですね。
三木たかしは、とても綺麗なメロディを書く人の印象が強い。
でも、総じてどこか「静謐な悲しみ」が含まれていて、最初は歌詞のせいかな?と思ってた。でも、これはやはり彼のメロディがもたらすものなんだと思うようになってます。その悲しみがとても心地よい気分にさせてくれます。

ただししーちゃんの曲は、私全面的に彼女のお姿ばかりに見とれちゃってます(笑)。
day 2008-04-0206:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

静江劇場の開幕

樟さんの三木たかしコメントでまた「あべ静江」の動画を見ちゃいました。
美人は何度見ても飽きることがない(笑)。その典型のような人。

★ゆらめき
この曲は知らなかった。しかしこの動画、凄すぎます。
「よろめき」と読み間違えるほど、私の心はよろめいちゃったよ。
風をなびかせるだけの演出なのにどうしてこうもステキなんでしょう。妖艶すぎます。
しっかり、3分間の「しーちゃん劇場」になってます。

http://jp.youtube.com/watch?v=oFj3XWqeg34
day 2008-08-1023:10
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/57-7e98a94a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。