なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリーズ

当時はそんなことを思わなかった。しかし、歳月を経て聴くリリーズの『好きよキャプテン』には、とても「羨望」を感じる。それはもちろん憧れからくるせいだが、二度とそんな季節に戻れない淋しさでもある。

たとえば、堀ちえみの『リボン』も同様で、近年とみにこの種の楽曲に弱い。
正直、どちらも私の琴線に触れる方々ではなかった。しかし、いずれも真っ直ぐな世界で「純(ピュア)」なひたむきさが、今私の魂をくすぐる。

森田公一が歌うように、たしかに「青春時代の真ん中は、胸にトゲ刺すことばかり」である。それでも過ぎてみると、そこはやはりキラキラ光り揮いている。だがそう思った時、すでにそこに私たちはいない。まるで、影法師のように絶対に追いつかない。

ゴールデン・ベスト: ザ・リリーズ
ゴールデン・ベスト: ザ・リリーズザ・リリーズ

おすすめ平均
stars瑞々しい可憐なハーモニーは最高〜☆
stars妖精としてのベストアルバム
stars※※癒されますヨ※※

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑伊藤アキラという作詞家、侮れません。名曲多し。

なにもこれは青春時代にかぎった話ではない。いつでも過ぎ去らないと、そのときの貴重さがわからない。こうして数々の「おもひで」に「後悔」という名のスパイスをふりかけながら、私たちは生きていく。だからいつだって「心残り」が部屋の隅でうずくまっている。

実際、『好きよキャプテン』のような青春群像は稀で、だからそんな夢を誰しもが描いた。アイドル歌謡成立の原点であり、要諦である。とくに双子のリリーズがユニゾンで歌うため、倍加されて胸に響いてくる。告白に失敗した情けない男(ここの記事参照)が、一転優位な立場に浸れる(笑)。

背景は、夕焼けに染まるテニスコート。おでこにかわいいキスをする二人のシルエットが浮かびあがる。作詞・松本隆のリリシズム全開で、アイドル歌謡に欠かせない森田公一と相まってこれぞ、「王道」といえる世界だ。

小さな恋のメロディー -ザ・リリーズの世界-(紙ジャケット仕様)
小さな恋のメロディー -ザ・リリーズの世界-(紙ジャケット仕様)ザ・リリーズ

おすすめ平均
starsCD販売してくれるのはありがたいのだが…
stars妖精たちよ、永遠に。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑私には見落としていた「宝石」の感があるリリーズ・・・。

この時期の松本隆は、いわゆるピュアな青春をかなり描いている。太田裕美の『木綿のハンカチーフ』で頭角を現した彼は、岡田奈々と共にリリーズをデビューから支える。残念ながらいずれも大成しなかったが、「売れる」ことと「良い作品」はイコールではない。それは自身でもしっかり語っている。

ポスト・ピーナッツとしてのリリーズは、たしかに一級の資質があった。ルックス、声質、スター性、どれもが条件を満たしていたはずである。「スター誕生」の決戦大会になぞらえると、私でも間違いなく看板を高々と掲げるだろう。そして、デビュー後の方向性だって間違っていない。それでもトップに登れなかった・・・。

芸能界が計算式で計れる世界じゃないことはわかるが、やはり特殊な世界である。結果論でしか語れないが、時代は「二人組」から「三人組」のキャンディーズになっていたのだ。結局、そのときヒットしているスタイルを追っても難しい。やがて、ポスト・キャンディーズとして「三人組」を追ってトライアングルが出たが、今度はもう三人組じゃなかった・・・。

デビューアルバムに針を落として・・・ 70年代アイドル編デビューアルバムに針を落として・・・ 70年代アイドル編
オムニバス

ポニーキャニオン 2006-09-20
売り上げランキング : 90701

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑アイドル王道の70年代!

♪試 聴⇒リリーズicon
♪試 聴⇒小さな恋のメロディー -ザ・リリーズの世界-icon
♪試 聴⇒「デビューアルバムに針を落として…」70年代アイドル編icon

★リリーズ&FCオフィシャルサイト
★ザ・リリーズ ファンのページ
★ザ・リリーズ資料館






にほんブログ村 音楽ブログへ


↑好きよ好きよ クリック 忘れないわ きっと~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

リリーズ

アルバムを見ると、実にアイドル歌謡している。それはすなわちこの時期の松本隆の世界で、岡田奈々とピタリ重なっているように感じる。
ただし、伊藤アキラの存在も見逃せず『初恋スラローム』『恋に木枯らし』『恋のシュプール』など佳曲多し。

★『好きよキャプテン』
http://jp.youtube.com/watch?v=_g80t6doEFs

★『初恋にさよなら』
http://jp.youtube.com/watch?v=Y39x9FyoRv8
day 2008-02-2101:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
day 2008-02-2913:02
name
trip
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/573-725e15e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。