なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-11 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬川瑛子

・・・そぼ降る雨の夜、カーラジオから流れてきたのは瀬川瑛子が唄う『命くれない』だった。

その晩、上司を乗せてクライアントの宴会に向かっていた。私の気持ちは、暗く沈んでいた。先方の責任者と折り合いが悪かったせいもあるが、一泊の宴会に協賛金目当てで誘うさもしい気持ちが許せなかった。まだまだ私が若かった頃のこと・・・。

  ♪生まれる前から 結ばれていた
   そんな気がする 紅の糸~
『命くれない』はこのただならぬ出だしの一節に、まずシビれる。
瀬川瑛子独特の節回しで、ドロドロした粘着質がどこか怨念を感じさせる。夫婦愛を歌っているが、朗らかさとはまったく無縁である。これは完全に「愛人」の世界で、もう「心中物」にしか思えない。すべては、瀬川瑛子の功績だろう。

瀬川瑛子全曲集瀬川瑛子全曲集
瀬川瑛子

日本クラウン 2007-12-05
売り上げランキング : 35806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑演歌の人はみんな外見上、謙虚だ。

彼女の父上がかつての流行歌手・瀬川伸なのは有名である。親子二代に渡る「紅白歌手」とさかんに喧伝されていたものだ。つまり「サラブレッド」なのである。

だが、歌の世界に親の七光りは通用しない。そのため、1960年代にデビューした彼女が、頭角を現すまでに随分と時間がかかった。(3年目に『長崎の夜はむらさき』がヒットしたが、すぐに沈潜してしまったらしい)

今では「モォー」と牛に例えられるモノマネや、鈍重イメージがついてまわっている。笑いの対象イメージが優先するが、じっくり聴くと根源的にもう「声」が並みの人と違う。「桂 銀淑」同様、その声帯から放たれるモノはすでに武器であり皮膚が粟立ってくる。

つくづく「プロ歌手」というのは凄いものである。だが、今はそんなプロの仕事ぶりがTVではいっこうに映らない。バラエティーという名の下品に流れ込んで、本物が置き去りにされる時代・・・。
私にしたって先日のTVで久しぶりに彼女を観るまで、その凄味を忘れていた。そんな「プロ歌手」が何人も居るはずなのに、私たちは忘れていたり、気づかないのだ。

続・青春歌年鑑 1987
続・青春歌年鑑 1987オムニバス 長山洋子 吉幾三

おすすめ平均
stars1987年の音楽
stars歌謡曲と演歌が入り混じった時代感がGOOD!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑『命くれない』といい『雪国』といい、演歌が元気でした。

・・・宴会でのあまりの傍若無人ぶりに、私は一足先に抜け出す。一人、部屋で見る冬の夜の日本海は、沖合いのイカ釣り船の照明が逆に寒さを強調して冷え冷えとした気持ちを起こさせた。

やがて戻ってきた上司は何かあったのか、「帰るぞ」の一言。二人して夜中に帰った。その後、責任者が変わり、逆に私はこの泊まり宴会が楽しみになってしまう。なんと人間は自分に都合よくできているのだろう・・・(笑)。

瀬川瑛子という人は、よく笑っている。苦労のせいか、幾分の卑屈さとはにかみを持って笑っている。だが、私はこの時の宴会とイカ釣り船の灯りが、そのまま彼女に投影されどこか「淋しさ」と「涙」の印象ばかりが先にくるのだ。

不滅の名曲-オリジナル歌手による-船村徹作品集-不滅の名曲-オリジナル歌手による-船村徹作品集-
オムニバス

日本クラウン 2007-03-07
売り上げランキング : 135192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑厳しいけどあったかい、つまり「責任感」がある人。

♪試 聴⇒瀬川瑛子全曲集
♪試 聴⇒瀬川瑛子特選集

★瀬川瑛子公式サイト
★人生の仮装舞台 瀬川瑛子・命くれない







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑ああ長崎 長崎の 夜はクリック~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

『長崎の夜はむらさき』

魅力的なおばさん声(笑)。ホントに特異な声質ですね。しかし「長崎」って、よく歌の題材になるなぁ。修学旅行で行きました。
ちなみに私の長崎イメージはなんといっても「チャンポン」!

★『長崎の夜はむらさき』
http://jp.youtube.com/watch?v=n-6NNv2ck5E

これはひどい(笑)。『命くれない』のピッチ変更<牛>バージョン。
http://jp.youtube.com/watch?v=4W2MPv0dUek
day 2008-03-0418:07
name メロオ
trip -
url

編集 ]

追悼・吉岡治・瀬川瑛子

一時、低迷していた瀬川瑛子を浮上させたのは紛れもなく

『命くれない』
http://www.youtube.com/watch?v=e6N2OUEcUQY

でしょう。
この曲には、何か今まで鬱積していたものが、どっと引き出したといった感を受けますが、その辺、吉岡さんの詩がうまかったのでは?と感じます。
day 2010-05-1821:34
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

たしかな手腕

『命くれない』のくれないは「紅」で 、赤い縁の糸を意味してるわけで、つまり夫婦愛を歌っている作品なんだけど、私はやっぱり本文で書いたような怖ろしさを感じる名曲です(笑)。
そして吉岡治のたしかな手腕が生きてますねえ。
day 2010-05-2122:29
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/574-de639ec1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。