なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-05 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばたはつみ

「恋はゲームじゃなく、生きること」だと教えてくれたのは、しばたはつみである。・・・と書き出せばカッコイイが、まだ子供だったのでよくわかりません。(今でも、よくわからない)

しかし、このゆったりとした中に気品漂う『マイ・ラグジュアリー・ナイト』は、とても心地よくおしゃれな曲だった。まるで、恋愛映画の一シーンを見てるような錯覚に陥る。どこかのホテルで見るディナー・ショーの雰囲気そのまま。いずれにしても、キーワードは間違いなく「大人」でしょう。

いかにも来生姉弟らしい作品だが、当時はおそらくまだ無名だったはず。これで頭角を現したように思う。

ベスト・セレクション
ベスト・セレクションしばたはつみ

おすすめ平均
starsマイ・ラグジュアリー・ナイト?
starsマイ・ラグジュアリー・ナイトがとても良いです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑うまい人は、聴いていて心地良い!

しばたはつみは元々、幼い頃から歌っていたらしいが、レコード・デビューは22歳のとき。両親ともに音楽に携わっていて、いわゆる「歌手になるべくしてなった人」という。そして、25歳で『マイ・ラグジュアリー・ナイト』のヒットをとばす。
もちろんヒットの要因は、某コマーシャル・ソングになったことが大きい。

そもそも「ラグジュアリー」なんて言葉は、それまで一度も聞いたことがない。この曲のおかげで自動車カタログでは、一般用語のようにこの単語があふれた。(あるいはあらかじめ指定された言葉だったのかもしれない)

豪華さを競う時代から、低燃費・低排出ガスなどに変わり、まるで戦時中の節制をスローガンにした様は見事なほど時代を現している。「時代を映す鏡」として、歌謡曲と広告の果たす役割はとてもストレートでわかりやすい。そして、どちらにも関係する『マイ・ラグジュアリー・ナイト』なのでありました。

シンガーレディ
シンガーレディHatsumi Shibata

ヴィヴィド・サウンド 2008-01-23
売り上げランキング : 47621

おすすめ平均 star
starシティポップ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑一番新しいCD!

そんなわけで、今ではあまり聞かれない言葉だが1977年(昭和52年)当時はまだそんな「余裕」があったのだ。私は、といえばそんな「ラグジュアリー・ナイト」をただの一度も経験してないけど・・・。

まあ、時代背景が見えるようなことを書いてるが、ひとたびこの曲を聴くとそんなことは関係ない。
「素敵な時間」に身をゆだね、ひとときの「豪華さ」を味わうのが音楽の持つマジックであり、正しい在り方でしょう。いつだってその世界に入り込めるし、年齢だって超越できる。まだ、いろんな可能性があった頃の自分を思い出すこともできる。だって、「物語は始まったばかり」なのだから・・・。

PS:デビューは古いけど、レコードデビューは70年代なのでそうカテゴりました。ちなみに、松本伊代と再従姉妹(はとこ)同士だったと今回、初めて知った。だからどうしたってことないけど(笑)。

しばたはつみ・しんぐるこれくしょん
しばたはつみ・しんぐるこれくしょんしばたはつみ A・Kastner 岡田富美子

おすすめ平均
stars普遍
stars購入してよかった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑彼女のほぼ全曲に近い、いわゆる「全集」的CD。

♪試 聴⇒しばたはつみ ベスト・セレクションicon
♪試 聴⇒コロムビア音得盤/しばたはつみicon
♪試 聴⇒恋すれど廃盤大全集 鳴呼懐かしの女性ポップス!icon

★しばたはつみ(公式サイト)







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑二人のクリックは 熱いまま 冷めそうもない~(←お願いします)

<広 告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

視聴・しばたはつみ

★『マイ・ラグジュアリー・ナイト』
これはホントに贅沢で豪華な時間が過ごせます。
http://www.youtube.com/watch?v=mz-iJ62xgvw

★『ブルー』の共演
真知子さんと二人、歌姫の共演。圧巻。
http://www.youtube.com/watch?v=NM6KM3ZFKUA
day 2008-05-0621:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

なるほど・・・

・・・「ブルー」・・・、ラグジュアリーですね、こちらも・・・(^-^)・・・。

女声スキャットと二重唱・・・、聴かせますね、なかなか・・・。
いいですね、実力者同士は・・・、やりたい放題出来て・・・。

これでキーボードが船山さんのハープシコードだったら・・・、言うことなし・・・(^o^)・・・。
day 2008-05-0622:26
name
trip -
url

編集 ]

シンガーに値する

ゲスな言いかただけど、『ブルー』の共演はまさしく「お金のとれる」内容です。
思わず聞き惚れますねぇ。

こんな音楽番組が、今はなかなか見られないのが淋しい。
かといって、当時の渡辺真知子はおそらく新進のチャートイン歌手。
そう考えると今だってこんな番組あるのかも、と考え込んだりもします。

ちなみに『マイ・ラグジュアリー・ナイト」で出てくる
♪午前零時~
を聴くとつい徳永さんの『レイニー・ブルー』を思い出しました(笑)。
day 2008-05-0622:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

♪中央線の…

…カーブを曲がると懐かしい部屋が見える

で、始まるのが、1981年6月に発売された『Musician』(作詞:山川啓介 作曲:大野雄二 編曲:矢野立美)と言う曲です。
この歌は、中身としては、昔同棲していた売れない“Musician”との暮らし、一緒に夢を共有するつもりだったが、自分は彼を理解出来たかどうかはわからないまま、やがて彼はいなくなり、噂によると音楽を捨てたらしい、だけど、まだ心の中にいつまでも忘れずに彼の音楽が流れ続けている。
そんな内容で、最後は
♪You are my Musician あなたの生き方が 心いっぱい 響いてる(だったと思います)
でしめるってところです。
彼を理解出来なかった若さがとか、売れないメロディ、書いては破りピアノにもたれて眠るなど、その描写はなかなかのもので、山川さんは流石詩人だなぁと唸らせるものです。
また、この詩に大野さんのジャズな格好いいメロディ、矢野さんのパンチのあるアレンジが相成り、しばたさんのボーカルが良くて、素晴らしい曲となっています。
ところで、この音楽を捨てたの部分、これは、挫折して、音楽を諦めたと言う事でしょうが、別な解釈も出来るのかなぁ?と感じました。
捨てる→やめる→二度と聴けなくなる→永遠に聴けなくなる→亡くなる
そう解釈すると、これは亡くなった人への鎮魂歌的な曲とも言えるのかな?と感じます。
実は、地名こそ違いますが、この曲の中の男女に境遇が似ている、作詞した山川さんと親しくしていたある亡くなったMusicianの姿をちょっと垣間見えるかな?と勝手な想像をしてしまいます。
発売が1981年6月、そのMusicianが亡くなったのは、その年の5月。
この説を最初に言ったのは、私では無いんですが、でも、それを聞いた時は、なるほどとうなった次第です。
おそらくは違うのかな?とは思いますが、心の中では、そうあって欲しいと感じるところもあります。
私は、この歌の最後のフレーズが好きで、色々なHPなどに遊びに行きますが、亡くなったMusicianの事を追悼するときに、このフレーズをちょっと引用する事があります。
それだけ、心に響くいいフレーズです。
『Musician』この曲は是非ともお勧めな曲です!
数年前に発売されたシングルコレクションに収録されてますし、聴く機会があれば、聴いて欲しい曲です。
他にも、しばたはつみとしてのデビュー曲『合鍵』、杉本真人作品『Bye Bye』、阿久悠・三木たかし・大村雅朗作品『夜はドラマチック』、阿久悠・萩田光雄作品『化石の荒野』など沢山名曲がありますが、それは別な機会に。
day 2008-05-0705:29
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

みんな繋がってる

しばたはつみを書いてますが、いつものように無知な私はたった一曲しか知らなくて・・・。
残念ながらリンクした「試聴」ではその『Musician』という曲、聴けないようです。
機会があればぜひ聴いてみます。しかし、やはりいろいろみんな繋がってるんですね。

ところで、しばたはつみと朱里エイコってイメージが結構重なる人。
でも、しばたはつみは古くから活動してたけど、レコード・デビューが遅く、案外
私には「新しい人だった」という驚きがありました。なんかもっと古い印象が強かった。

公式サイトの掲示板によると、現在の彼女は往年の様子ではないとのこと。・・・心配です。
day 2008-05-0721:41
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では…

…『Musician』を試聴出来るサイトを見つけたので、貼っておきます。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1390181/ref=701308

現在は往年のとは云々は、私もちょっと聞いた事があります。
ちょっと心配ではあります。
でも、往年の歌は、不変ではないかと思います。
day 2008-05-0820:06
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

やはり

「●●線」と出てくるのでもしや、と思ったら予想通りの路線でした(笑)。
試聴なのでさわりしか聴けないから、この後どうなるかわからないけど。
でも、しばたはつみに抱く私の印象とは違いました。生活感と無縁のイメージがある人なので。
ただ、これは歌詞にひきづられる要素が大きいのでしょう。
day 2008-05-0906:09
name メロオ
trip -
url

編集 ]

阿久・萩田コンビの佳曲

まずはこれを

http://www.youtube.com/watch?v=-U9OAqlczck

『化石の荒野』

なかなかスケールの大きい曲です。
萩田さん、メロディーメーカーとしてもなかなかのものです。
そして、しばたはつみのボーカルが本当に素晴らしいです。
こういう曲調の歌は、優雅さと言うかそういうものを感じます。

PS 『Musician』が追悼歌なのかどうかは今のところわかりませんが、山川啓介、追悼歌を一曲作詞してます。
それは、山崎イサオ『お前の声が聴こえる』(作曲:宮川泰)と言う曲。
大塚博堂の大の親友だったステージ101出身の山崎さんが、没後13年後に出したCDの中に収録されています。
この中に直接固有名詞が出たりはしませんが、描写がリアルで、これは親しくなければ書けない詩だなぁと思わせますし、親友の山崎さんが歌っていることにより、よりリアル感が増す曲です。
day 2008-05-1011:24
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

凍てつくボーカル

『化石の荒野』、この動画はとても寒々として効果的に曲を盛り上げますね。
海(おそらく日本海)とかもめなんて「演歌」の世界なのに(笑)。
このドラマは知らないけどなんか面白そう。
なにより、しばたはつみがとても日本人離れした顔してます(笑)。
day 2008-05-1022:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

なかなかの声

この歌を聴いてみて下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=VApPiNUDbfE&feature=related

『シンガー・レディー』

大野雄二のメロディとしばたはつみのボーカルがマッチした格好良い曲ですね。
day 2008-08-2311:50
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ショービジネスの世界

ルパンを彷彿とさせ、クールですね。
歌謡界というより、ショービジネスの世界でいっそう映えそうな曲。
大野さんもしばたさんも、日本では珍しいタイプだったような気がしてきました。
day 2008-08-2400:56
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ラテン系で軽快な…

…曲が

http://jp.youtube.com/watch?v=KQUIW2SlisU

『夜はドラマチック』(作詞:阿久悠 作曲:三木たかし 編曲:大村雅朗)

です。
ジャケット見たら、わかると思いますが、『マイラグジュアリーナイト』同様、某車のCMソングです。
阿久さんの詩、さりげなく“ラグジュアリー”という言葉を入れている辺りがなかなかのものです。三木さんのメロディもなかなかいいです。
そして、大村さんのアレンジが格好良いですねぇ。
シンプルな中ですが、一つ一つの音、楽器選定などが素晴らしいです。
もちろん、それにしばたさんのパワフルなボーカルが合わさり、素晴らしい出来だと思います。
day 2008-10-1910:31
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

1978年の夏から秋

これはなかなか気持ちイイ曲!
しばたはつみにピッタリな感じです。
でも、さほどヒットしなかったんですね。私にしたって初聴きかも。

同時期に大村さんは『みずいろの雨』も手がけてますが、どこか似た印象もありますね。
day 2008-10-2018:03
name メロオ
trip -
url

編集 ]

昔から…

…声と歌唱に片鱗が見られます。

http://jp.youtube.com/watch?v=OEOlIK-m5E0

『恋と海と太陽と』はつみかんな

これは、はつみかんな時代の曲ですが、パワフルでポップでなかなか格好良い印象を受けました。
声や声の伸びというのは、天性のものだなぁと感じた次第です。
day 2008-10-2821:18
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

パンチ力

あまり詳しく知らないけど、どことなく「弘田三枝子」のパンチ力に通じるような、あるいはかなり意識した歌い方のようですね。
朱里エイコにも似てるかな。
いずれにしても、歌唱力が伴わなきゃできませんね。
day 2008-11-0306:31
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ドラマチックな夜の歌・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

今夜は1978年の「ドラマチック」な夜の歌、その名も「夜はドラマチック」、
しばたはつみさんの、こちらから先ずは、ステレオで・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=KQUIW2SlisU&feature=channel_page&fmt=18
http://jp.youtube.com/watch?v=AoHuB6NIw3E&NR=1



♪ラグジュアリー・レディ-を裸足にすることが 男の魅力といえるかもしれない
 夜は 夜はドラマチック
 ワイングラスで溺れそうな 夜と昼とが重なる時に 冷たい心で立っていてはいけない
 熱い踊りの渦に巻き込まれ アッ アッ・・・
 お手をどうぞ お手をどうぞ 今夜だけはどうぞ 華やいでどうぞ
 夜は 夜はドラマチック

♪ラグジュアリー・レディーの心を奪うなら 男は孔雀に変わらねばいけない
 夜は 夜はドラマチック
 ダイヤモンドに勝る夢を 裸足の踊りで見つけたならば 飾った心に縛られてはいけない
 眠り忘れて夜の真中へ・・・



・・・1978年のマツダコスモ・・・、魅力的な型の車でしたね、ドラマティック・カー・・・、
ナルホド・・・、セールス担当、阿久悠さんだったんですね、ある意味・・・(^o^)・・・。

さてこの曲、サンバのリズム・・・、ハープシコードの響き・・・、大村雅朗さんですね・・・、
宮殿の「舞踏会」とはゆかぬまでも熱くラグジュアリー・・・、そんな雰囲気・・・(^-^)・・・、
音楽とそれを取り巻く「文化」・・・、理解してましたね、彼は・・・、
「詞」を書いた阿久さん、メロディーの三木さんも満足したでしょうね・・・。

しかし阿久さん・・・、
「♪男は孔雀に変わらねばいけない」が一方で「♪飾った心に縛られてはいけない」・・・。
大変なんですね、ラグジュアリー・レディーのハートを射止めるのは・・・(T-T)・・・。

しばたはつみさん・・・、
クリスマス・ディナーショウの広告でそのお名前、良く見ましたね私・・・。
day 2009-01-3120:39
name
trip -
url

編集 ]

ラグジュアリー・レディ

前も書いたけど、とてもカッコよくて気持ちイイ曲ですね。

「飾った心に縛られてはいけない」なんてフレーズ、新井満の『ワインカラーのときめき』に通じてます(笑)。
CMになると阿久悠はこうなるんでしょうか(笑)。
しばたはつみのアアア、というため息がまた効果的です。
しかし、やっぱりカッコいい曲だなぁ。

ところで、ラグジュアリー・レディって、どんな人なんだろう(笑)。
day 2009-02-0218:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ドラマチックな夜の歌、その2・・・

さてその1978年・・・、
「ドラマチックな夜」のこんな歌が世界中で流行ったようです、
私はといえばポールモーリアグランドオーケストラのインストルメンタルで聴いていましたが。
http://jp.youtube.com/watch?v=B_o8F36CfHU&feature=related&fmt=18

「コパカバーナ」・・・、バリー・マニロウさんでしたね、
因みに歌詞はこちらの方が日本語にしてくれています・・・、
http://blogs.yahoo.co.jp/lynx_catcat/archive/2007/01/11

これはもうイントロからサンバのリズム・・・、
ところでこのコパカバーナ、実は有名なブラジルのリゾート海岸ではなく、
北米はニューヨークのナイトクラブ「コパカバーナ」のこと、なんだそうです。
そして何よりその物語、「悲劇」だったんですね、知りませんでしたちっとも私・・・(^^ゞ・・・。

しかしそれにしては楽曲の完成度は勿論のこと、その明るさといったら・・・、
さらにその詞は、やはりドラマチック・・・ネガティブではあっても・・・。

・・・で私、件の「夜はドラマチック」・・・、
アレ、この作品に触発された阿久&三木&大村が作り上げた作品なんじゃないかと・・・、
そんなふうに思うんですがね・・・(^-^)・・・。

・・・そうそう、動画、イイのがありました、モウひとつ・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=9PvE2cpUkx8&feature=related&fmt=18


P.S.

さてご質問の件ですが私、阿久悠さんの考える「ラグジュアリー・レディ」・・・、
それは勿論容姿端麗にして「機知」にも富んだ・・・、
そして阿久さんの知らない世界を知っていて、その話を聞かせてくれる・・・、
そんな人のような気がしますね・・・。
day 2009-02-0221:24
name
trip -
url

編集 ]

パンチ効きそう

洋楽知らずの私でも、さすがにこの曲は知ってました(笑)。
しばたはつみはパンチ効いてるから、これを歌ってもきっとサマになるでしょうね。
むしろ、本家よりいいかも。

PS:私の「ラグジュアリーレディー」像は、わがままで贅沢三昧なイメージがあるなぁ(笑)。
day 2009-02-0320:42
name メロオ
trip -
url

編集 ]

黄金の遊び?

某漫画の映画のエンディングで使われたのが、この

『Golden Game』
http://www.youtube.com/watch?v=6iW-f6kkLyc

です。
なかなか格好良い曲です。
そして、この歌声がより映えている感じがします。
それにしても、ル○ンの楽曲はどれも格好良いですねぇ。

day 2009-03-2111:58
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

バラライカ流れる

ホント、かっこイイですね。
そしてまた、しばたはつみにピタッと合ってる。
もしかしたら、彼女のキャラがこんな曲を呼び込むのかもしれませんよ。
day 2009-03-2221:33
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ちょっと歌謡曲が入った

しばたはつみは、どちらかというとポップな曲が多いのですが、こんな曲も歌っています。

『Bye Bye』
http://www.youtube.com/watch?v=cQzzn5EzWCA

メロディがいかにも杉本真人って感じが全開ですが、そこもなかなかいい感じです。
day 2010-03-2110:00
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

You are my Musician

突然の訃報に驚いています。
確かに数年前から、声が云々とか、そんな話を聞き、体調があまりよろしくないのかなぁ?と思っていたのですが、まさか亡くなるとは…
57歳はまだ若いです。
しかししばたさんの歌声や存在は、『Musician』の歌詞のごとく、いつまでも
♪心いっぱい響いている
ものだと思います。
しばたはつみさんのご冥福を心よりお祈りします。
day 2010-04-0100:36
name Gemini....
trip -
url

編集 ]

しばたはつみ

私もビックリ!
公式サイトにあるBBSでも皆さんの声がたくさん届いてます。
彼女も掲示板を見ていたとのこと。
つくづく惜しい方を亡くしたと思います。

day 2010-04-1814:12
name メロオ
trip -
url

編集 ]

今年もあとわずか

今年もあとわずかです。
今年は色々な事がありました。
来年はおだやかな年になって欲しいなぁと思います。
しばたはつみで僕が一番好きな
http://www.youtube.com/watch?v=JkWE34WSIp0
を貼っておきます。
これは本当にグッときます。

本年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。
day 2011-12-3110:38
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/589-468f79ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。