なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第40回「思い出のメロディー」雑感

今年は「オリンピック」の関係で、オンエアが夏の終わりでしたね。そして今回は、生放送ではなく録画でした。

□司会 松坂慶子・氷川きよし・阿部渉(NHKアナ)
  今年のテーマは、「歌こそ永遠の愛」だそうです。漠然としたテーマでよくわからないなぁ。

宮 史郎  『女のみち』
  個人的願望を込めて言うが、この人は「逸材」だと思うんですよ(笑)。ドラマなどでぜひ見たい人。歌も昭和なら、この人の存在そのものが昭和!
●ヒロシ&キーボー 『三年目の浮気』
  今年で「26年目の浮気」になるわけで。もう、そうすりゃ熟年離婚しかない。しかし、NHK初登場とは意外。別にそう注目してたわけじゃないけど。
●神楽坂浮子 『ゲイシャ・ワルツ』
  曲は知ってるけど・・・。相当古い歌と思いきや昭和27年とは。お座敷遊びなんて、したことない。ところで、これカタカナ表記だったっけ?
鶴岡雅義と東京ロマンチカ 『小樽のひとよ』
  実直に右端でひとりレキント・ギターを奏でる鶴岡さん。あなたばかりを見てました。
●マイ・ペース 『東京』
  簡潔にして明瞭ないさぎよいタイトル。いさぎ良すぎて、グループ名とセットでなきゃわからない曲。私が一番ラジオを聞いていた時代で、よく流れていた曲だったなぁ。
中条きよし 『うそ』
  結構なお歳なのに、相も変らぬ妖しさ健在!いつも思うけど、あの眉毛「中条マユゲ」としてどっかに登録したい。まるで歌舞伎の隈取りみたい。
●二葉百合子 『岸壁の母』
  いったい何十年、岸壁で待ち続けているのだろう・・・。目的があるせいか(?)、声はしっかり出ていた。この曲は登場時からすでにナツメロでした。

○第1回「思い出のメロディ」のVTR
 <藤山一郎・美空ひばり・フランキー堺&伴淳三郎・淡谷のり子・岡本敦郎
岡本敦郎 『白い花の咲く頃』
  素直に感激。ご高齢なのに声も出てた。さぞ、規則正しい生活をおくってきたことでしょう。語りも抜群の人です。

○VTR <浜口庫之助> ゲスト:渚まゆみ 
  渚まゆみって、こんなに日本人離れした人だったかな?
~そして「ハマクラ」ショーのはじまり。
にしきのあきら 『空に太陽がある限り』
  渚まゆみが貰ったラブレターとつなげて登場。この二人で、ひととき「ラテン・タイム」となった?
守屋 浩 『僕は泣いちっち』
  見たかった一人、だったんだけど・・・。ステージから離れていたせいか、あがっていたのか?もとより「守屋節」は微妙な声質が魅力だから、再現は難しいのかな?
●高田恭子 『みんな夢の中』
  当時をほとんど知らない。ただ、かなり美人だった名残はありました(笑)。マイク真木はすでに昨年、出演しちゃってます。
●氷川きよし 『星のフラメンコ』
  彼によく合った曲。深紅の衣装でホスト度120%。できれば、西郷輝彦に出てほしかった。
●水森かおり 『涙くんさよなら』
  昔、「くたばれ涙くん」というマンガがあったけど、この曲が元ネタ?坂本 九の娘さんに歌ってもらえばショーアップになったかも。
●田代美代子&マヒナスターズ 『愛して愛して愛しちゃったのよ』
  番組冒頭、遠目に映った田代美代子をシルビアと勘違い。どおりで『別れても好きな人』が歌われなかったはずだ(笑)。松平さんも、年々独特なキャラ化していくなぁ・・・。
○渚まゆみが天国にいるハマクラへ贈るラブレター披露。
島倉千代子 『人生いろいろ』~途中から、ハマクラ曲を歌った歌手が合唱参加。
  強く感じたわけじゃないけど、スターの風格というかオーラがあった。控え目でそんなに出てたわけじゃないのに。
~これにて「ハマクラ・ショー」終了。でも、番組PRではハマクラを取り上げるとは一言もなかったっけ。

○ゲスト:青木 功夫妻
五木ひろし 『おまえとふたり』
  落ちたお札を一枚一枚、丹念に拾いあつめるような歌い方は相変わらず。ま、お札だったら私も丁寧に拾っちゃうぞ(笑)。

村田英雄(VTR)&氷川きよし 『無法松の一生~度胸千両入り』
  氷川君、今度は白の装束。きよしも上手いと思ってたけど、これ聴くと村田先生の表現力も凄かった!

○松山恵子(VTR)
●坂本冬美 『おわかれ公衆電話』
  昭和34年の歌だから、最新機器だったんでしょう。もちろん、その公衆電話だってなかなか見かけない。歌詞に出てくる「プラット・ホーム」も、今使えば古めかしい。

小柳ルミ子 『お久しぶりね』
  あなた、全然久しくないですから。一線にいる雰囲気ムンムンで、彼女も格がある。今年も『お祭りの夜』が聴けなかった・・・。
内田明里 『浮世絵の街』
  どっかで見たことあるような・・・。あっ、総菜屋のおばさんかな?でも、声を聴けばやはり一般人じゃないですね。
安西マリア 『涙の太陽』
  どんどん、鈴木その子化していくような。痩せすぎなのかな?松坂さんまではいかなくとも、もっとダイナマイト・バディに。

○青函連絡船のVTR 函館港の中継 元乗組員の皆さんのインタビュー
  当然、この長い前フリで何が出てくるか予測可能。これで『能登半島』でも出てくれば、今回のビックリ度NO.1だったよ。  
石川さゆり 『津軽海峡・冬景色』
  先日、深夜にコンビニへ行ったら着物姿のおばさんが居た。そんな時間にいるのは夜の商売か、石川さゆりぐらいだ、と一人ツッコミしたばかりです。

<ここで10分休憩(ニュース)>
           ~後半へ







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑できればポチッと(←お願いします)

<広告>
~後半スタート~

松坂慶子 『愛の水中花』
  貫禄つきすぎ!水中花に水を与えすぎでしょう。たしかに「人生なんてドラマじゃないわ」。
●泰 葉 『フライデイ・チャイナ・タウン』
  力入ってましたね。あがってもいたようで。童顔なので若さはあった。ところで、これ「金曜日の中華街」じゃないらしいですよ。
庄野真代 『飛んでイスタンブール』
  結構、難しい曲です。もちろん彼女はサラッとこなしてたけど。なんでもテキパキこなしそうな雰囲気は相変わらず。
原田真二 『タイム・トラベル』
  いささかも衰えを感じさせなかった。むしろ今のほうがカッコイイかも。できれば『てぃーんず・ぶるーす』が聴きたい。夜空好きな私は、このステージ・セットも好き。
研ナオコ  『かもめはかもめ』
  もっとギャグをかましたかった様子。本人は消化不良なのでは(笑)。しかし、喜と哀の二面を持ってる人は強い。少し、歌唱不安定な箇所があったような。
○ゲスト:森 光子
  うーん、目力が弱くなったような・・・。でも、岡本敦郎さんよりも年上だしなぁ。

○ロカビリー三人男 登場(ミッキー・カーチス、平尾昌晃、山下敬二郎)
●三人揃って 『ハートブレイク・ホテル』 
  みんなスリムだこと。
●山下敬二郎 『ダイアナ』
  ディック・ミネの持ち歌イメージが強い。
平尾昌晃 『君こそ我が運命』
  これぐらいスローなら、私の数少ない英語の持ち歌に加えられるかな?
●ミッキー・カーチス 『テディ・ベア』
  いい歳の重ね方、したんじゃないでしょうか。
●再び三人揃って 『監獄ロック』
  日本語詞の妙チクリンさがウリ?   ~ロカビリー・タイム終了。

●藤あや子 『東京ブギウギ』
  妖艶さがあって良かった!というのは、きっとおじさんの証。ほぼその領域にズボッと入ってる。
●ジェロ 『有楽町で逢いましょう』
  とうとうここまで、ジェロがでてくるようになった。まるでゴキブリのような言い方(笑)。柔道が「JUDO」になったように演歌も「ENKA」になった、と言うのは早計です。
●天童よしみ 『おお上野駅』
  出たな天童、またしても。これで三年連続の出場。でも、この曲は合っていた。「いなかっぺ大将」にもどこか通じる世界。彼女はこういった力感ある応援歌がイイ。

○ニューヒーロー紹介VTR(長島茂雄・石原裕次郎
○ゲスト:北原三枝こと石原まき子
  失礼ながら、昔からこの人の良さがわかってない私。奇しくも今回は未亡人のゲストが多い。まあ、女房より夫が早く死んだ方がイイのだ。
石原裕次郎(VTR) 『二人の世界』
  これで、33歳とは・・・。さすがにボスだけあってすでに貫禄。私には頼れる上司像があるけど、実は父と1歳しか違わないんだな。鶴岡雅義の作曲。

○石原まき子のメッセージ 「突然現れ、突然いなくなった・・・」
五木ひろし 『夜霧よ今夜も有難う』
  これは目をつぶって聴きたい。とくに五木が歌ってるだけに・・・(笑)。しかし、ピンで二曲歌ったのは彼だけ。別格扱いでしょうか。

●森 光子 『東京キッド』
  とくに感想なし。ヒガシでも来てサポートしてあげれば。

○エンディング 『故郷(ふるさと)』 ~全員合唱
  今年はブラジル移住100年、ということで選択された曲らしい。でも全体テーマが「歌こそ永遠の愛」なんだから、ちょっと違うのでは。そもそもテーマ自体漠然としすぎ。いっそ「紅白」のように定番曲を決めて、指揮者をおくのも一法。平尾昌晃も出てることだし。

<総 評>
うーん、まるでピンとこなかった。目玉も感じられなかった。いつも目玉が必要なわけじゃないけど、それを補う何かもなかった。オリンピック中継に力を入れすぎて、おろそかになったんでしょうか?
おそらく今年のテーマが弱すぎた。「歌こそ永遠の愛」って、いくら考えてもバカな私はわからない。
「思い出のメロディ」そのものがテーマなんだから、とくに何もない年はテーマもいらないや。

コンセプトの一つである「東京タワー50年」にしたって、番組では反映されてなかった。東京タワーにまつわる思い出なんて、何も紹介されなかったのでは。私は登り損ねた思い出しかない。(同日、霞ヶ関ビルに登ったので、タワーには行ったけど親がもういいだろうって)昭和33年あたりの曲を並べすぎるのもなんだしね。

期待していた岡本敦郎、守屋浩が見られたのはいいけど、期待以上の思いは残ってません。今回はなかなか褒め称える言葉が出てこない・・・。

                     ■関連記事
                      ●第39回「思い出のメロディー」雑感
                      ●第38回「思い出のメロディー」雑感
                      ●第37回「思い出のメロディー」雑感







にほんブログ村 音楽ブログへ


↑再度、ポチッと(←お願いします)

<広告>
Sony Music Shop



スポンサーサイト

コメント

確かにテーマが・・

お久しぶりです。今年は確かにテーマ性が薄かったですね。あの森光子さんに東京キッズを歌わせた演出はどうだったんでしょうね。自分も思わず身を乗り出してみたのは藤あや子さんでした(^。^)。石川さゆりさんは天城超えもまた聞きたいですね
day 2008-08-3123:34
name
trip GqyYfDY2
url http://waku.cocolog-nifty.com/waku/2008/08/nhk40_b187.html

編集 ]

お久しぶりです

お返しコメントありがとうございます。
いろいろブログを見てまわると、今回のテーマは「亡くなった方」への思い、
つまり「死」をも乗り越える愛といった意味とか。
やっぱりバカな私はそこがわかってませんです、ハイ。

石川さゆりは時節柄『風の盆恋唄』を歌ってほしかったです。
そして私、今からそこへ行かなきゃいけないんですよ・・・。
day 2008-08-3123:52
name メロオ
trip -
url

編集 ]

すっかり…

…忘れて(しかも録画も)ました。
でも、レポートを見ると雰囲気は伝わります。

松坂慶子は、何年か前にも司会してましたが、やはり、その頃と同じくらいたくましかったんでしょうか(笑
内田あかりは見たかったかなぁ。
再放送されると思うので、それに期待かなぁ(笑
day 2008-09-0322:15
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

いちおう各賞の発表

そりゃ、松坂さんは逞しかったですよ(笑)。残念ながらもう網タイツ姿は望めない・・・。
~さて、今年も例年にならって各賞の発表といきましょう。

★最優秀賞(金賞) ・・・・ 該当者なし
★変わらないで賞(銀賞)・原田真二  かなりカッコよかった。ビーバー顔もあまり変わってないし。
                 マイ・ペース しっかり聴かせてくれました。現役度高かったなぁ。 

☆功労賞・岡本敦郎 40年前のVTRと比べてもお顔はあまり変わらない驚異。
              さすがに伴奏はゆったりしてたけど。
☆はしゃいだで賞・渚まゆみ 一人浮いてた感があるが、地味すぎる今年の中でよく頑張りました。
                   泰葉にも同じニオイを感じた・・・。
☆見てしまったで賞・藤あや子 これは、もう男のサガというもの・・・。  

中条きよし、にしきのあきらあたりは、もう少し露出が多ければ何かあげたかった。
森光子、守屋浩にもあげたかったんだけど・・・。

キリのいい40回なのに、とても寂しい印象。
いっそ超目玉として桜田淳子、森昌子が出れば、相当なもんですよ、NHKさん。
day 2008-09-0323:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

これって…

…これのときのですか?

http://jp.youtube.com/watch?v=XAPeVHzNmTo

泰葉『Fly Day China Town』

ちょっと前から、色々出ていて話題になってますが、歌声とかは本当に変わらないですね。
デビューした当時は、割とたくましい感じ(笑 だったように思いますが、今は、違う意味でたくましさを増したって感じです。
でも、この曲は、色あせないですね。
豊兵衛さん(笑 が作詞しただけの事はありますね。
day 2008-09-2809:28
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

かなり緊張

そうですね。この動画は「思い出のメロディ」時です。
相当、緊張してます。
先日、昔の録画したビデオをチェックしてたら彼女のこの曲も出てきました。
特別ファンだったわけじゃないけど、なぜか録画してあった・・・。
思いがけないものがでてくるから、昔のビデオは面白いなぁ。
day 2008-10-0320:26
name メロオ
trip -
url

編集 ]

【思い出のメロディ】

今年(2009年)の【思い出のメロディ】が発表されてますね。
いしだあゆみが懐かしい。
でも、それぐらいだなぁ・・・。

http://www.nhk.or.jp/omoide/index.html

これ!という特徴が感じられない。
そうそう、ヴィーナスが出演するので、急いで記事書かなくっちゃ。
でも、なんらエピソードないから書けるかなぁ・・・。
day 2009-08-0218:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/610-37bd7371

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。