なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-07 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿さまキングス

殿さまキングスが『なみだの操』で大ヒットをとばしたとき「柳の下にどじょうは二匹いた」と思った。それは前年(1972年)、ぴんからトリオが『女のみち』で爆発的ヒットをとばした後だったから。似たようなコミック・バンドが正統派演歌で成功なんて予測外だった。

もっとも、ぴんからトリオは歌で初めて知ったためコミック・バンドなのかどうかは知らない。一方、殿さまキングスときたら、完全なるお笑いグループとしてよく見ていた。「お笑い番組」で馴染みがあったのでメンバー4人の顔も覚えている。
(今、「お笑い番組」と書けばずいぶんニュアンスが違う。「演芸番組」の方が正しい雰囲気を伝えているでしょう)

エッセンシャル・ベスト
エッセンシャル・ベスト殿さまキングス

おすすめ平均
stars「なみだの操」だけじゃない! 殿キンのウラもオモテも、この1枚に。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑楽曲はもちろん、ボーカルの力量がミリオンにつながったんでしょうね。

宮路オサム ←ダウンロード購入。

だからその印象が強く、まじめな顔して粘着質に歌う宮路オサムに違和感があった。ただ、まじめな顔といっても、彼は基本的に「笑顔」の人である。たびたび歌唱中にニンマリするが、そうでないときもどこかニヤついてる。職業病なんでしょうか(笑)。しかし、これはサービス業の基本ですね。そして、そんな人はたいてい苦労人なのだ。その点では五木ひろしもまた然り。

彼を見るといつも思うことがある。きっと訪問販売のトップ・セールスマンになれただろうなぁと。それはある出来事のせいなんだけど・・・。

昔、仕事の関係で毎週「職安」(今の「ハローワーク」)に通っていた。どんな会社が募集をかけているのかリサーチしていた。あるとき、出口で声をかけられた。百科事典の訪販の人だった。「営業職」の求人票を見る若い人間をチェックしていて入社させようとしていたらしい。で、私がひっかかったのだ(笑)。

当時で年収一千万を超す収入を得るその人が、実に宮路オサムそっくりだった。必死に口説かれましたよ(笑)。まさかこっちもリサーチに来てるとはいえず断るのが大変。あの口調でセールスされたら、そりゃいらないものでも買っちゃう。

ウラ・ベスト集~ブラジル
ウラ・ベスト集~ブラジル殿さまキングス

おすすめ平均
stars殿キンが誘(いざな)う未来世紀。その豊潤な魅力に、もうメロメロ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑なんだか、面白そう。

ところで拙ブログで何度も書いてきたが、この時期の作詞家・千家和也は「貞操」歌謡ばかりで、しかもそれが軒並みヒットしたからすさまじい!簡単に書くとこうなる。

■1973年 9月 『青い果実』 山口百恵 (彼女の「青い性」路線スタート)
      11月 『なみだの操』 殿さまキングス
       〃  『禁じられた遊び』 山口百恵
             (↑続く『春風のいたずら』1974年3月 はおとなしい)
■1974年 6月 『ひと夏の経験』 山口百恵
       7月 『あなたにあげる』 西川峰子

これを人は「時代が求めた」と言うのでしょうか?だとすれば、いったいどんな時代だ(笑)。そして、そんな時代の真っ只中に少年時代を過ごした身としては・・・。親と一緒にTVを見るのも冷や汗もんでしたよ。

PS
リーダーの長田さんが「オヨネーズ」だったのを今頃、知ってビックリ!このデュオの思い出はないけど書いてみたいなぁ。

殿キンのスーダラ外伝~クレイジーキャッツを唄う殿キンのスーダラ外伝~クレイジーキャッツを唄う
殿様キングス

Pヴァイン・レコード 2007-06-15
売り上げランキング : 105760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これも面白そう。

♪試 聴⇒THE昭和歌謡-殿さまキングス スペシャルicon
♪試 聴⇒エッセンシャル・ベスト 殿さまキングスicon
♪試 聴⇒ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション19 なみだの操icon

★殿さまキングス(ウィキペディア)
★宮路オサム(ウィキペディア)



にほんブログ村 音楽ブログへ






↑お別れするより 押したいわ クリックだから~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

カワイ~イ・・・(^o^)・・・夫婦鏡・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

こんな方も・・・歌ってます・・・(^o^)・・・夫婦鏡・・・(#^.^#)・・・。
(二曲目です・・・)
http://www.youtube.com/watch?v=G9RDJX0YsgE

物怖じしませんね、彼女・・・(^-^)・・・。
day 2009-09-3020:57
name
trip -
url

編集 ]

樟さんへ

へへへ~ アノお方のネタなら、何でも「動物的嗅覚」で食いつきまっせ~

本当に可愛いですよね♪ この夫婦鏡、、、、、、、
しかし本当に奈々さんは「ハスキーな低音」の持ち主ですよね。

まあ「典型的な女優声質」でもあるんだけど(笑)
day 2009-09-3021:12
name ダマスカス
trip -
url

編集 ]

『恋は赤いバラ

これ見たとき、『夫婦鏡』が誰の歌か全然、わからなかった。
それほど印象に残ってませんね。
やっぱ殿キンは『なみだの操』が圧倒的すぎました。
当然、奈々ちゃんは何歌っても可愛いんだけど(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=vzYxuNMB3H8

それと『恋は紅いバラ』がなんともいかがわしくて、素晴らしい(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=h2SXxZ4FKTQ

YOU TUBEに同名で加山雄三の曲もあって、その対比がとっても面白かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=8BBdvn_PYT0
day 2009-09-3021:27
name メロオ
trip -
url

編集 ]

クワマンのパンチョな・・・紅いバラ・・・(^o^)・・・

こんな映像ありました・・・(^o^)・・・作曲佐瀬寿一さんだったんですね、コレ・・・オマケに・・・
・・・編曲は船山基紀・・・(>_<)・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=IANr-DPQm7A&feature=related

・・・「♪~プロ野球ニュース・・・」・・・テレビが面白かった最後の時代・・・(T-T)・・・。

day 2009-10-0100:24
name
trip -
url

編集 ]

ストリートマップに驚き!

パンチョさんも何年か前にお亡くなりになりましたね。
そのときに知ったんですが、私が昔住んでいた所のご近所さん。
これはたまげたなぁ。まさか同じ町内なんて・・・。

さらに最近知ったのはグーグルのストリートマップ!
町内を歩くように見て回れました。
よく遊んだ公園や神社などを散歩してもう感涙もの。
今のところ都市圏だけですが、こんな凄い世界が出現するなんて。
うわさでは聞いてたけど、実際に体験してみてただただ感嘆。
いやぁ、凄すぎる!
day 2009-10-0107:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/653-f6166117

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。