なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-08 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森繁久彌

キャバレーで、三木のり平と小林桂樹が踊り子の左右であたふたしている。
それをテーブル席でしかめ面して見ている森繁久彌が居た。
そう、彼が主演の映画「社長」シリーズの一コマだ。
このシリーズは何作か見ているが、ほとんどTVを通してである。

だから、唯一オンタイムにスクリーンで見たこのシーンは、画面の大きさのせいでしっかり記憶に刻まれている。おそらく「ゴジラ」シリーズか「若大将」シリーズの併映だったのだろう。そして、おそらくこれが私の「森繁初体験」になる。

その後もTVを通していろいろ触れてはきた。だが、はたと考えると彼のTVにおけるこれぞ!という作品が思いつかない。「だいこんの花」シリーズが名高いが、それだけでは言い表せない。つまるところ作品のワクで納められない人になる。

森繁久彌大全集森繁久彌大全集
南安雄

コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-10-24
売り上げランキング : 18912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑昔は胡散臭くて怪しげな役にピッタリだったなぁ。

森繁久彌 ←ダウンロード購入。

言い換えれば突出したキャラのため、どんな作品でも森繁カラーに染まってしまう。その存在感は重厚でありながら軽やかで、飄々とした「柳に風」だ。
表向きは好々爺キャラだが、実はずる賢かったり好色だったり、クセのある役柄が定番。それはそのまま彼の実生活に見えるほどリアリティがある。

おそらく彼の真髄は、どこまで演技でどこからアドリブかわからない点だろう。
そして、そこから醸し出される胡散臭さこそ彼の真骨頂に思える。
「普段着のままの役者」は天性のものだが、もしかしたら「役者」という意識すらないのかもしれない。一言で言えば、存在そのものが特異な人になる。

だが、その特異さが私世代にはなかなかわかりにくかった。おそらく全盛といえる1950年代~60年代の彼をあまりに知らなさすぎるからだ。
かろうじて私世代がその端末にいるかどうか?それだって幼すぎて冒頭のような記憶しか残っていない。

社長洋行記 正・続篇 [DVD]
社長洋行記 正・続篇 [DVD]笠原良三

おすすめ平均
stars海外旅行が自由化される前の海外進出
stars羨ましい・・・
starsライバル社に喰われた香港市場の確立を急げ!社長愚連隊 香港へ
starsあこがれの生活でした・・
starsまさかのDVD化!感涙です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑これは見てないかな?

渥美清を筆頭に多くのコメディアンが憧れ、目指したと言われる最高峰に屹立する森繁。だけど一視聴者からすれば、あくまで胡散臭い森繁久彌こそモリシゲで、「屋根の上」よりも「社長」なんだなぁ。そして酒席で吟じるように歌う姿がピタっとくる。ただし、その歌は『知床旅情』ではなく「猥歌」なんですけど(笑)。

調べてみると身長171cmというから、昔の人にしてはガッシリしていて骨太感もある。その体格の良さは「無事是名馬」という言葉が浮かぶ。2009年11月に96歳で大往生されたが、生涯現役だったのは「体力」のおかげだろう。

小林信彦がエッセイで書いていたが、まったくそのとおりだと思う。
「国民栄誉賞」を森光子より後に受けるなんて・・・。

森繁自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
森繁自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
おすすめ平均
stars韜晦も味
stars森繁、文筆の名作
starsおとぼけ力の萌芽

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑基本的にインテリなんだな。

♪試 聴⇒森繁久彌大全集icon
♪試 聴⇒何処へ 森繁久彌ラストコンサートicon
♪試 聴⇒森繁ゴールデン劇場~ロマン誕生「人生劇場」icon

★森繁久彌(ウィキペディア)
★森繁社長録
★I Love 社長シリーズ



にほんブログ村 音楽ブログへ






↑思い出しておくれ クリックのことを~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/662-27ff7740

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。