なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらと一郎

なんとも気味の悪い歌『昭和枯れすすき』が流行ったのは昭和50年のことである。それほど世相が悪かったわけでもないだろう。逆に言えば、まだ余裕があったから受容できた時代なのかもしれない。(子供だったから、世相うんぬんは正直わからないけど、今よりはましだったように思える)
しかし、この年のナンバー・ワンのヒットになったのは驚きだ。
    ■1975年の音楽

そこで年度別のヒット曲を見てみた。
  ※1970年・・・皆川おさむ 『黒猫のタンゴ』
   1971年・・・小柳ルミ子 『わたしの城下町』
   1972年・・・宮史郎とぴんからトリオ 『女のみち』
   1973年・・・    〃            〃
   1974年・・・殿さまキングス 『なみだの操』
   1975年・・・さくらと一郎 『昭和枯れすすき』
  ※1976年・・・子門真人 『およげたいやきくん』

1970年と1976年の童謡の間、5年間は演歌がトップに立っている。もっとも年間チャート(オリコン)なので、いかにロングセラーを続けたかがポイントである。そうすると「演歌」や「童謡」が上位にくるのもうなづける。
しかし、『昭和枯れすすき』について実感が薄いことはいかんともしがたい。

TBS 水曜劇場の時間ですよ
TBS 水曜劇場の時間ですよ井上堯之バンド

おすすめ平均
stars70年代の匂いとのどかさを感じます
stars70年代ドラマファン、感涙の企画盤
starsおかみさん!時間ですよ~Byマチャアキ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑久世さんの音楽好きがわかると、なかなか興味深いアルバム。

さくらと一郎 ←ダウンロード購入。

もともとこの曲は、TVドラマ【時間ですよ~昭和元年】の挿入歌になったことで火がついた。その辺の事情は演出をしていた久世光彦が著書(「マイ・ラスト・ソング」)で書いている。「切迫感」が尋常でないのは歌詞だけでなく、歌っている当人の事情でもあったことがわかる。それだけにインパクトは強く、いかにも久世好みの曲に思える。

黛ジュンが『夕月』の譜面をもらったとき「なんだか『船頭小唄』に似てるなぁ・・・」と思ったという。それは「古めかしい」という意味で、あまり乗り気ではなかったということだ。それでいえば『昭和枯れすすき』なんて、『船頭小唄』以上に時代がかっている。

しかし、それにしても「救い」のない歌だ。
♪花さえも咲かぬ二人は枯れすすき~で、「心中一途」に思える。それはドラマの影響もあって(劇中での細川俊之と大楠道代の悲恋)いっそう強い。ただ最後は♪苦しみに耐える二人は枯れすすき~だから、もしかしたら耐え抜くのかなぁと。

結局インパクトがありすぎたのか、さくらと一郎はその後大ヒットを生み出してないが、一度は陽の目をみたんだからいいんじゃないでしょうか。(他人事で書いてます)

青春歌年鑑 1975
青春歌年鑑 1975
おすすめ平均
stars原体験はやはり影響大。
starsCompilation
stars「乙女のワルツ」+「学校の先生」の最強コンボで号泣……。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
↑歌謡曲全盛時代・・・でしょ。

♪試 聴⇒デュエット大ヒット大全集icon
♪試 聴⇒決定版 デュエットソング集icon
♪試 聴⇒平成枯れすすき/バッカじゃなかろかルンバ!icon

★さくらと一郎のホームページ
★さくらと一郎(ウィキペディア)



にほんブログ村 音楽ブログへ






↑力の限り押したから 未練などあるわ~(←お願いします)

<広 告>




スポンサーサイト

コメント

『昭和枯れすすき』

自分が貧乏だけに貧乏くさいのはツライ(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=ZgMvyxD_JUo&feature=related

ちあきなおみや美空ひばりバージョンもあって、結構いろんな方が歌ってるようです。

『船頭小唄』と重なる「枯れすすき」という比喩だけど、すすきからすれば迷惑か(笑)。
day 2010-05-1622:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/669-863535fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。