なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフィー

地元で有名な老舗のラーメン屋に入ったのは、午後も3時をまわっていたと思う。仕事の関係で遅い昼食となった。
そんな時間帯だから客も少ないはず。狭い店内はガラガラだろうと思いながら暖簾をくぐった。ところが、4~5人先客がいた。

すぐにわかった。細身の長髪の人と丸メガネのパーマ頭の人。
そう、坂崎氏と高見沢氏だった。
坂崎氏は、店内に掲示されている古風な錦絵を眺めまくっていた。対照的に、高見沢氏はじっと椅子に座ったままフリーズ状態。(病的なまでの白い肌が今でも強く印象に残ってる)他の人間はツアーメンバーらしい。
だんだん状況が飲み込めてきた。今日は私の地でコンサートなのだろう。一息ついたこの時間帯に彼らはスタッフと、休憩を兼ねてここにきたのだ。そして、どうやら店内は彼らと私だけのようだった。きっとサインをねだれば心良く応じてくれただろう。恥ずかしくてそんな行動はとれなかったけど。
しかしもう1人のメンバー、桜井氏はいなかった。

正直、芸能人のオーラは感じなかった。どこにでもいそうな気のよいあんちゃん風情の坂崎氏。極めて特徴のある高見沢氏ですら、風景に埋もれてた。ある意味、とても快適な芸能活動が過ごせているのかもね。

彼らは1970年代デビューだが、大ヒットとなった「メリーアン」が80年代。たしか吉田拓郎のコピーなどをしていたと思う。「オールナイトニッポン」(ラジオ)で初めて、彼らを知ったのもその時期。だからここでは「80年代グループ」にカテゴる。

苦節10年でヒットを連発した彼らは、きっとスタッフとも仲良くやっているのだろうな、と想像させる。プライベートでの、あの屈託のなさは決してグループにありがちな「解散」を感じさせないものだった。

PS:正確には「ジ・アルフィー」だけど「アルフィー」で馴染んでるのでそう表記しました。

試 聴

公式ページ
Aの会

B0002ESL1Y
30th ANNIVERSARY HIT SINGLE COLLECTION37
THE ALFEE 高橋研 高見沢俊彦 井上鑑

関連商品
THE BEST 1997~2002~apres Nouvelle Vague~
夢よ急げ~大阪国際女子マラソン イメージソング・アルバム
30th ANNIVERSARY 2004 Travelin’band Live at NHK HALL May 30
Berlin Calling
THE RENAISSANCE
by G-Tools


↓クリックは ただ一度の過ちなのか~♪(そんな事ないから押して)





スポンサーサイト

コメント

よく昔ネタで

昔、よくネタで『メリーアン』の『アルフィ』って曲いいよねってやってました(笑
『ロビンソン』の『スピッツ』みたいなものですね。
この人たちも長いですね。
個人的には、サングラスの人のボーカルが好きですね。高いところも低いところも出るって感じで。
day 2005-08-2110:22
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

好きも嫌いも

サングラスの人のボーカルが好き>もしかして博堂とかぶってたりして(笑)
「スピッツ」が出てきたので少し。彼らも大好きなグループなんです。決してカラオケでは歌えないけど。歌詞にとても惹かれる人たち。はじめボーカルはあまり好きじゃなかったけど、だんだん良くなってきて。なんでもそうだけど、好きなモノってすべてが良くなりますよね。歌でも小説でも、そして恋でも。あ、恋はその後、急速に醒めたり一転、大嫌いになるかぁ。
day 2005-08-2110:39
name メロオ
trip -
url

編集 ]

そう言えば

あるところで、博堂の声を初めて聞いた感想が「アルフィーの桜井さんを優しくした感じ」という話を聞き、「いわれて見れば、そうかも」と思いました。
正直に言いますと、好きとか嫌いではなく、高見沢のボーカルだと高いので、カラオケできついけど、桜井だとそれほど苦しくない、ただそれだけの話ですね(笑
確かに、髭とサングラスでキャラが被ってますね(笑
そう言えば、因幡晃とかも好きだから、やはり、その気はあるのかな(笑(どんな気だよっ!と突っ込まれそうですね)
スピッツは『あじさい通り』が好きですね。
day 2005-08-2110:48
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ヒゲとグラサン

その気はあるのかな>ちゃんと突っ込みたいけど怖い気も(笑)
なぜ、桜井氏だけがラーメン屋にいなかったか?
痴情のもつれか(笑)
day 2005-08-2111:00
name メロオ
trip -
url

編集 ]

化粧品のCMソング

1985年に発売された『シンデレラは眠らない』、確か化粧品のCMソングだったよう記憶してます。
なかなかポップで、流石は化粧品CMに起用される曲だなぁと思わせるそんな曲です。
ところでこの歌、何となくボーカルが違うなと当時感じてましたが、実は坂崎幸之助が初めて(当時)メインボーカルをとった曲です。
THE ALFEEと言えば、やたらと高い高見沢俊彦や低音から高音まで幅広い桜井賢がとっていましたが、その2人とはまた違った感じのボーカルで、いい感じで、私的に、カラオケで一番歌い易い曲です。
それにしても坂崎さん、沢山ご活躍してますね。
高見沢さんも色々楽曲提供してます。
でも、個人的に一番好きなのは、桜井さんかな?(笑
『メリーアン』『星空のディスタンス』『風曜日…君をつれて』(これも化粧品だったような記憶が)『サファイアの瞳』など、カラオケで多く歌うのは、桜井さんがボーカルの歌だったりします。
でも、最近感じるのは、高いところだけより、低いのから高いのまでと言った曲の方が、きついですね。
なお、好みだと言うのは、風貌によるものだけでは、ありませんので(ちょっとあるかな(笑)あしからず(笑
因幡さんも杉本さんも以下同文で(笑
day 2007-12-0110:16
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ヒゲとグラサン

いやいや、どうしたって風貌のような・・・(笑)。さすがに鈴木雅之は、いくらグラサンとヒゲ面でも違うかな?(個人的には好きな歌手です)
アルフィーは最近、グループとしての活躍は薄いけど個々に露出してますね。本文にも書いたけど、このグループに限っては「解散」ないような気がします。
day 2007-12-0120:51
name メロオ
trip -
url

編集 ]

3者3様のボーカル

まずは高見沢俊彦

http://jp.youtube.com/watch?v=8GCyzz18LZg

『白夜』

次は坂崎幸之助

http://jp.youtube.com/watch?v=M170wvt3fCc&feature=related

『シンデレラは眠らない』

そして桜井賢

http://jp.youtube.com/watch?v=wIYGW1VVWxQ&feature=related

『星空のディスタンス』

それぞれに3者3様のボーカルで、尚且つ、サブに回った人のコーラスがなかなかのものです。
3者3様だからこそ、あまり飽きがこずに次から次へと曲が新鮮に感じるのかもしれませんね。

たまには、ヒゲとグラサンから離れた投稿しないと(笑

PS 作った人が同じだからですが、『白夜』が明石家さんまの『真っ赤なうそ』に聴こえるのは気のせいかな(笑
day 2008-03-0913:56
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

みんな50台

最近は高見沢、坂崎両氏はメディアで見るけどヒゲとグラサンの方、あまり見ませんねぇ。(って、どうしてもヒゲとグラサンに持っていきたいらしい・・・笑)

『白夜』初めて聴きましたが、どことなく似てるの私も感じます。今はなき松宮アナですね・・・。
day 2008-03-0919:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/79-1351aa3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。