なつかしの昭和おもひで歌謡曲

高校生は楡の木陰で弾み、中学生は先生に淡い思いを抱いた頃。そんな青春は長い坂を登るようで、たどりつける先はわからない・・・・なつかしい時代の歌を個人的体験に重ね合わせ、勝手(独断)に語ってます。

[ 2017-10 ]

This is my trial 裕ちゃんのホワイト・クリスマス THE PEANUTS “THE BEST 50-50” ベスト30 昭和クリスマス What A Fantastic Night! 〈COLEZO!〉ビクター流行歌 名盤・貴重盤コレクション(6)誰よりも君を愛す~吉田メロディーを唄う~ GOLDEN☆BEST 新・三人娘~天地真理・小柳ルミ子・南沙織~</td>


↑最新ページはここ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんな女優のこんな歌

今回は「番外編」です。なつかしい女優さんの歌をピックアップしてみました。まさかのあの女優から、かなりリリースしている女優まで。選定はあくまでランダム。(本音は、試聴が見つかった人です)
あきらかに余技の人から本格派まで、さまざまです。でもボーダレス化の現在では、歌もドラマもすでにセット。分けて考えることもなくなったようです。

倍賞千恵子を試聴
国民的映画「トラさん」の妹役さくらとして、芸能史に名を残す人になりました。でも1960年代は、かなり歌っていたと思う。しかし、倍賞美津子と姉妹には見えないなぁ。

岡崎友紀を試聴
「奥様は18才」など一連のドラマは、かなり長期にわたって放送されてましたね。でも私、あまり見ていない。(最近はケーブルTVで見てます。今、見ると彼女のセーラー服はコスプレ感が強くて・・・)

木之内みどり ←単独記事、書きました。
もうたまらなく可愛い。しゃべり方も好きだった。「カール!」って。もちろん歌手としての適正には疑問符ですが、部分的にキュートな歌い方がgood。後藤との離婚はわかるけど、竹中直人と再婚するとは想定外でした?(一文字抜ければ、とんでもない人に・・・)

大原麗子「ピーコックベイビー」試聴
今さら「萌え萌え」。「なが~く愛したい」。20代の彼女をドラマで見ると、クラス委員の女の子にたしなめられている快感。でも、性格はきっと男っぽいんだろうなぁ。

大竹しのぶ「みかん」試聴
デビュー時は、ポッチャリしてて可愛いかった。歳月を経るにつれ、そこはかとなく怖い感じが・・・。

小山ルミ「はじめてのデート」試聴
記憶違いでなければ、加藤茶と車中デートで事故してなかった?日本人離れした容姿はスター感ありあり。(混血?)今はどうしてるのだろう。

奈美悦子「星空のかなたに」試聴
あまり縁のない人。記憶を手繰っても私の中には全然、登場してこないなぁ。

松坂慶子を試聴
綺麗とセクシーが混在。美女といったら彼女が代名詞だった。彼女の結婚は男性陣を嘆かせると共に、希望を抱かせた。まさに「美女と野獣」。

↓できれば応援クリック、お願いします。





にほんブログ村 音楽ブログへ






スポンサーサイト

コメント

桃井かおり

女優で歌を歌うといえば、桃井かおりが浮かびました。
来生たかおとの『ねじれたハートで』、西田敏行との『ルネッサンス』など。
『ルネッサンス』、思わず「玄太となつみが歌ってるよ」って感じですよね(『ちょっとマイウェイ』の後番組が『池中玄太80キロ』)。
また、ソロでも色んな歌歌ってます。なかなか、いい声ですし、また、綺麗ですし、いつまでも魅力的な女性ですよね。
『ジョルジュ・ムスタキ』のカバーも歌っているそうで、聞いてみたいですが、CDなってるのかなあ?
興味があるのは、『愛のかさねぎ』という曲です。
この曲は、作詞は桃井かおりですが、作曲は『ちょっとマイウェイ』になつみの元恋人役でゲスト出演したある歌手です。既に故人ですけど。ちなみにアレンジは、後藤次利です。
ぜひ、聞いてみたいものです。
day 2005-10-1509:17
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

忘れてた

そうでした。桃井かおりがいましたね。
>元恋人役でゲスト出演したある歌手
わかりますよ(笑) しかし桃井かおり、いつまでも若いですねぇ。自立した女性の代表格イメージです。
day 2005-10-1510:25
name メロオ
trip -
url

編集 ]

さすらいのギター

小山ルミ、ナベプロ系番組のダンスレギュラー、元ゴーゴーガール
(完璧な死語)出身、ナベプロとしては、木の実ナナの後釜としての戦略があったんですが実力が・・・唯一記憶に残っているのは、ベンチャーズのカバーでの「さすらいのギター」間奏のドラムとパーカションが印象的。
加藤茶とのゴシップもありました。
day 2005-10-1613:00
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

西野バレエ団

奈美悦子は西野バレエ団出身、先輩の「他人の関係」の金井克子、ジィちゃんのアイドル由美かおる大阪ローカル(やしき・たかじんなど)でよくゲストで出演中。
奈良県香芝町(今は市)出身
明石さんまの実家と同じ町。
おまけで、平和勝次とダークホースは、昭和3、40年代に活躍した漫才師「ラッパ・日左丸」のお弟子さん、ラッパ師匠は、坂田利夫以前の大阪での「アホ」代名詞
「ハハーしゃいならー」のギャグは中高年の関西人はみな知っています。松竹芸能所属、今でも道頓堀角座でちょくちょく出演。
day 2005-10-1618:14
name ウエピー
trip -
url

編集 ]

ウエピーさん、豊富な知識ありがとう!
やっぱり小山ルミは加藤茶と噂、ありましたね。ドリフの番組に出ていたイメージしかない人です。

奈美悦子は、とんと縁がないなぁ。昔は可愛いかったと思うけど。

「平和勝次とダークホース」は「思い出のメロディ」で少し触れてますが、まったく知らない人たち。まさか漫才師の弟子とは。
day 2005-10-1707:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

聴きました

桃井かおり『愛のかさねぎ』を聴く機会に恵まれ、聴きました。
サウンドはアレンジの後藤次利の感じで、ぱっと聴き博堂曲っぽく無いんですが、よく聴くと博堂がつけたメロディだなあとわかる、そんな感じです。

他の女優の曲では、根岸季衣の『音信川』(おとずれかわ)聴いてみたいですね。
確か、作詞作曲は、亡くなった旦那さん(大津あきら)だったと思います。
day 2006-09-0823:51
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

松坂慶子

昔、桃井かおりと根岸季衣を混同していた私です。
この記事は、追記しなきゃいけませんね。まだまだ、いろんな女優が唄ってますし。
さしあたり「松坂慶子」あたりは、単独記事にしたい一人です。
day 2006-09-0900:30
name メロオ
trip -
url

編集 ]

平凡歌本 番外編

中村雅俊のところに書こうかここにするか迷ったんですが、ここにします。
平凡歌本の新しいレコード発売のところに、こんなのがありました。
LPの方ですが、『傷つくことだけ上手になって』大津彰、これって、根岸季衣の旦那さんの大津あきらじゃないか?と。
つかこうへい劇団の音楽が入っているようです。
根岸さんの『音信川』、聴いてみたくなりましたね。
そして大津さんの声も聴いてみたいです。
実は私は、笑っていいともで、中村雅俊が大津あきらを紹介して、それに出た時しか、声を聴いていないんですよ。
大津さんは素晴らしい作詞家ですし、早く亡くなったのは、日本の音楽界にとって大損失だなと思います。
day 2007-02-1019:59
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

根岸季衣

遅ればせながら「松坂慶子」、単独記事にしました。↓↓
http://natuuta.blog15.fc2.com/blog-entry-404.html

>Geminiさま
根岸季衣の歌、まるっきり聴いたことないなぁ。そもそも以前、Geminiさんに教えられ初めて「大津あきら」が旦那だったことも知った次第。しかも、若くして亡くなられたことも知った。
年末年始に「フォークの達人」で、山崎ハコを見ました。でも途中から。 だからデュオで唄うお姿も見てないし・・・。
day 2007-02-1106:45
name メロオ
trip -
url

編集 ]

桃井かおりと西田敏行のデュエット曲の『ルネッサンス』は…

…どことなくヨーロピアンな雰囲気があるなと感じてましたが、この曲も、坂田晃一作品でした。
それと池中玄太2の主題歌『いい夢みろよ』も坂田作品でした。
どちらとも作詞は阿久悠。
ちなみに『いい夢みろよ』は、堀江淳の『ルージュ』同様、挿入歌で本来B面の曲であった『もしもピアノが弾けたなら』に食われてしまったと阿久さんが本に書いてました。
西田さんでは、坂田作品は当然いいんですが、『ちょっとマイウェイ』のすぐ次の玄太1の『風に抱かれて』(作詞:喜多條忠、作曲:芳野藤丸、編曲:木森敏之)も、実は名曲だなと私は思います。
それにしても『ルネッサンス』は、旋律や詩が綺麗で大人な曲だなと思いました。
たしかドラマの主題歌(学校もの)だったと思います。

桃井かおりと言えば、これは、確かかどうか何とも言えないんですが、下田逸郎の曲に『ラブホテル』と言う曲があります。
この曲は、歌詞がきわどくて、なかなかなまめかしいんですが、この曲で下田さんとコーラスをしているのが、桃井さんではないかと聞いたことがあります。
『ラブホテル』聴いてみましたが、確かにあの気だるい女性の声、桃井さんっぽいです。
はっきりはわからないんですけどね。

最近、飲む機会は減りましたが、飲んだときには、今CMをしている“ウ○ンの力”のお世話になる事が多いですね(笑)
day 2007-03-0319:53
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

役者不遇の時代

その頃のドラマ(「池中玄太」)は、かなり見てないんですよねぇ(笑)。仕事に夢中だった時期かなぁ?今、西田さんといえば「探偵ナイトスクープ」の局長イメージが、どうしても強い。一方、桃井かおりといえば、CM露出が多くなりました。
で、典型的な役者といえる彼らを、ドラマで見る機会が激減したなぁ、と思う。もはや、役者を使いこなすTVドラマ、皆無な現状に改めて驚いてますよ。

PS:知らない曲ばかりなので、まともなコメント返せずスイマセン。
day 2007-03-0504:35
name メロオ
trip -
url

編集 ]

セリフ入り

『ラブホテル』は、桃井かおりではなかったです。
感じは似ていたんですけどね。

話は変わりますが、大信田礼子の『同棲時代』(だったかなぁ?)、これもセリフとか入っていて、なかなかいい曲ですね。
day 2007-03-1120:51
name Man of Gemini
trip dCi033Ww
url

編集 ]

『ノックは無用』

大信田礼子については、当時まったくなんとも思わなかった。彼女のキャラの魅力なんて、子供にわかるはずもない(笑)。
ま、彼女についてはやはり『ノックは無用』かな。このあたりのキワモノ的歌謡曲、私けっこう好きです(笑)。
day 2007-03-1302:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

では

前に書いた『ルネッサンス』を試聴出来るところを貼ります。

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=MHCL-233

西田敏行が歌っているところしか無いんですけどね(笑
坂田晃一が織り成すヨーロピアンな雰囲気がいいですね。
day 2008-02-2410:26
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

愛人タイプ

ピアノの流れる旋律が素晴らしく、二枚目声の西田敏行が雰囲気出してます。と、そこまでしか聴けませんけど(笑)。
桃井かおり、こうしてみるとやはり侮れません。けっしてうまいとは言えないけど。独特のオーラありますねぇ。西日の射す部屋で一人ポツンと聴いたり、深夜ベッドルームでバーボン片手に聴いたり、そんなシチュエーション浮かびます。間違いなく「本妻」でなく「愛人」タイプ(笑)。
day 2008-02-2423:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

紫綬褒章を…

…受賞した桃井かおりの懐かしいCMがありましたので貼っておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=LJDbNeXjLBY

これは1979年頃ですが、ちょうど土曜グランド劇場“ちょっとマイウェイ”に出ていた頃です。
“ちょっとマイウェイ”、本当に面白いドラマでした。
荒木一郎の音楽もなかなか素敵で、ドラマのテンポもなかなかでした。
一昨年発売されたDVDBOX、なかなか堪能しています(特に第10話に出てくる元恋人役のゲストを(笑、それから、23話にゲストで出てくる高島彩のお父さんも(笑)
ということで

http://jp.youtube.com/watch?v=tk_PfX6DkpY

パル『夜明けのマイウェイ』
day 2008-04-2911:15
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

知らないCM

このCMはまったく記憶にないし、商品を見てもパッケージに見覚えないなぁ。
私の地では売ってなかったのかな。(←そんなわけない)
パルの『夜明けのマイウェイ』初聴きだけど、なんか前向きになれる歌。
私はまだまだ夜明け前の暗い日々だけど・・・。
ところで高島彩の父上、竜崎勝は「くいしん坊」のイメージが残ってます(笑)。
day 2008-04-2918:21
name メロオ
trip -
url

編集 ]

「少女人形」 伊藤つかさ・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

伊藤つかささんの「少女人形」・・・、聴いてみました・・・、こちらから、是非・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=TFhnWCTUIEc

私、すっかり忘れてたんですけどこの曲・・・、改めて聴いてみたらとても魅力的・・・、
どうしてかなと思いながら調べてみたらなるほど・・・、編曲が船山基紀さん・・・(^o^)・・・、
合点がいった次第です・・・。

因みに作曲は何と南こうせつさん・・・、意外でしたがそのメロディーの美しさ・・・、
「さもありなん」って、そんな感じですね・・・。

この曲・・・、
先ずはイントロが長調から短調へと一変し、
導かれる歌声は、逆に短調から長調に変わり、しかし一転また短調に戻る・・・、
が、続く間奏は長調で始まりそれが再び短調へ・・・、
オマケに見事なエンディングをも含めて・・・
聴く者を飽きさせません・・・(^-^)・・・、(作曲)南&(編曲)船山、巧みですね・・・。

因みに肝心の彼女、伊藤つかささんの歌声・・・、下手ではありませんがか細いですね・・・、
やや惜しいです、こんな素敵な作品ですから・・・。



夢見る人形と 皆私を呼ぶの 風に揺られ 白い風船 飛んでるみたいと
しっかり握ってね 時々怖くなるの とても高い空を抜けて 消えてしまいそう
そうよ あの人がいればきっと守ってくれるわ 
あの雲に乗り お話するの もしかしたら「好き」と言えるの

夢唄う人形と 皆私に言うの 海に浮かぶ白い風船 リズムに合わせて
しっかり見ていてね 涙がこぼれそうよ どこか知らない街 たどり着きそう
そうよ あの人がいれば何も怖くなんか無い 
あの風に乗り 小鳥と遊び 勇気を出して「好き」と言いたい・・・



イイですね、浅野裕子さんの詞も・・・、
思春期の、美しくはあっても時として不安定な少女を「人形」や「風船」に喩えるなんて・・・、
アイドル歌謡にふさわしいです、誠に・・・(#^.^#)・・・、「少女夜曲」に負けず劣らず・・・。
石川ひとみさんにも是非こんな歌、歌って欲しかったですね・・・(^-^)・・・。

「少女人形」・・・、これ浅野、南、伊藤、そして勿論船山の織り成す傑作だと思います・・・。
day 2008-07-2622:53
name
trip -
url

編集 ]

か細さが肝かも

伊藤つかさには、どうもこれといった記憶がないですねぇ。
もっとも私の年齢でしっかり知っていたらやっぱり犯罪(笑)。
『少女人形』もタイトルは覚えてるけど、ほとんど初めて聴いたような感覚です。

>下手ではありませんがか細いですね
アイドル歌謡の肝のひとつって、結構そのか細さがポイントかも知れませんよ(笑)。
しかし、こうせつが作曲とは。プッシュアップされたアイドルではありましたね。
day 2008-07-2700:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

懐かしい…

伊藤つかさとは、懐かしいですね。
確かこの頃は、年齢の関係で労働基準法に引っかかるので、ベストテンとかトップテンに出ていなかったと言った事を思い出しました。
この頃と前後した頃は、割とフォーク。ニューミュージック系の人がアイドルの曲を書くことが多かったような気がします。
day 2008-07-2715:20
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ところで…

…俳優と言うのはここでいいのかどうかわからなかったんですが、ちょっと書いてみたいと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=a8Y7gwXGeEg&feature=related

『新宿純愛物語』仲村トオル&一条寺美奈
『哀しみ無宿』仲村トオル

一条寺美奈は、この作品以降知らないうちに引退してしまいました。

このデュエット曲、これは、なかなか微妙な歌唱力同士で、案外いい感じなのかな(笑と思うんですが、数年前、飲みに行ったときの
「仲村トオルのデュエットのあれ歌えますか?」
と店の女の子に言われ、歌ったことがあります。
よくこんな歌を知っているな(笑
と自分の事を棚にあげて(笑 関心しましたが、これも昭和末期の一曲かなと思います。
トオルさん、今は、鷲尾いさこと結婚して、BEBOPの頃のイメージと変わってきてますが、これからも、歌には期待せずに(笑、俳優として活躍して欲しいですね。
day 2008-08-0310:52
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

仲村トオル

・・・って、私は特別にファンでもなんでもない。
でも、昔知り合いの床屋へ行って髪形の説明をすることがあった。
そのときに言ったのが「仲間トオルみたいな・・・」って。
雀友のマスターは困っていたっけ(笑)。
なんかとても恥ずかしい気分がすご~く、残ったなぁ。
これ、書いていてもまた恥ずかしい・・・。
day 2008-08-0419:37
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ある女優の…

…歌がUPされていたので、貼っておきます。

『潮騒の詩』

http://jp.youtube.com/watch?v=d_pFeCKSoLs

『白の円舞曲』

http://jp.youtube.com/watch?v=va2JZUILSB4

沢口靖子、そう言えば何曲か歌っていたような記憶もありますが、はっきりと覚えていませんでした。
こうやって改めて聴いてみると、音階云々はさて置いて、台詞を言うときのような丁寧さと言うかそういうのを感じます。
『潮騒の詩』は、武田鉄矢と吉田拓郎で、“刑事物語”の挿入歌だと思われます。
『白の円舞曲』は、荒木とよひさ・三木たかしのコンビで、どこかヨーロピアンな雰囲気があります。

そう言えば、こんな曲もあります。

『FOLLOW ME』

http://jp.youtube.com/watch?v=drad7aSQNPc&feature=related

これは諸に小室哲哉って感じですが、後藤久美子と姉妹を演じた

http://jp.youtube.com/watch?v=wdvf7-FiovQ

“痛快 ロックンロール通り”と言うドラマの挿入歌です。

沢口さん、清純派的なイメージで、スキャンダルもあまり無く、ここまで来てますね。
そんな普通ぽいところが、魅力的かなぁと自分は感じたりします。
day 2008-08-1009:25
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

沢口靖子

沢口靖子、たしか「東宝シンデレラ」出身でしたっけ。キレイな方でした。
歌っていた記憶はまったくありませんね。

『潮騒の詩』って、出だしが実にナイアガラ・大瀧っぽい(笑)。
イントロ当てクイズがあれば間違えて答えちゃいますよ。

しかし、声を聴けば沢口靖子ってすぐにわかる。
彼女って案外声に特徴あるのでしょうか?
day 2008-08-1020:49
name メロオ
trip -
url

編集 ]

女優といえば…

…この人もある意味(ちょっと逆ですが)そうでしょうかねぇ?

http://jp.youtube.com/watch?v=_NcM9N0qOdI

『ギターをひいてよ』あゆ朱美

なかなかいい感じの曲ですね。
あまりごちゃごちゃ書きすぎると、アンパンチ(笑 されそうなので、沢山のコメントは控えますが(笑 戸田さん、いい感じで、いい雰囲気で年を重ねてますよね。
day 2008-08-1218:30
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

昔は芸能ニュースが

かすかな記憶ですが「あゆ朱美」は覚えてます。
そんな人、いたなぁ~程度の認識ですが。
当事はよく番組の谷間に、芸能ニュースが流れていてそこで見たはず。
記事にも書いたけど、「ミミ」とか「研ナオコ」も見たっけ。
案外、そんなことが脳内にストックされてるようです。

まさか後年、こんなに露出するとは思っても無かった。
それに元・旦那が井上純一とも・・・。
day 2008-08-1223:06
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ちょっとマイウェイのひまわり亭で堀田チーフコックを演じた…

…俳優の緒形拳さんが5日に71歳で亡くなりました。
突然の訃報に驚くばかりです。
緒形さんは、怖いイメージがあったんですが、ちょっとマイウェイので演じた短気だけど料理の腕は確かで、照れ屋で子煩悩な堀田チーフ役では、桃井かおりや演じるなつみとの掛け合い、八千草薫演じるとも子姉さんとの煮え切らない恋みたいな描写が面白かったです。
それと某麦酒の一○絞りのCMの表情が良かったです。
もちろん、俳優として、本物の雰囲気を持った素晴らしい方でした。
その演技は、これからも心の中で生き続けていくことでしょう。
改めて、緒形さんのご冥福をお祈り申し上げます。
day 2008-10-1108:08
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

豆腐屋の四季

私の中の「緒方拳」は、あるドラマのイメージが残っています。
相当、昔の作品ですがそれは【豆腐屋の四季】といいます。
調べると昭和44年~45年にかけてオンエアされてました。
だから若々しい緒方拳の印象が残っています。
当時は【スパイ大作戦】も見てたなぁ、と思い出しましたねぇ・・・・。
day 2008-10-1323:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ケイコさんも色々いますが…

…これから取り上げるケイコさんもなかなかなケイコさんと思います。

語る前に、まずは

http://jp.youtube.com/watch?v=UQ1CNOsNqis

なつかしのオープニングそして

http://jp.youtube.com/watch?v=BA6YEtbreP8

CMを見ていただきましょう。
これにケイコさんが出てますね。
この頃は、たくましくなく(笑、江戸を斬るで紫頭巾をやっていた頃で、かなりオーラを感じます。
でも、今回取り上げるのは、このケイコさんではありません(笑

ロートと言えば

http://jp.youtube.com/watch?v=Om7WqaGCGdU

やはりこれでしょう(笑
そして、これに出ていた三択の女王こそが

http://jp.youtube.com/watch?v=ihH3wwYdMSQ

『結婚してもいいですか』竹下景子

これですね。
最後の問題で、はらたいらに賭けるか、竹下景子に賭けるか、あるいは一発逆転で篠沢秀夫に賭けるか?そういった意味で面白かったです、この番組。
そして、元々、4枠は女子大生枠だったのに、すっかりレギュラーになってしまった、竹下さん、今もイメージ的には若い頃の面影を残しつつ、大人っぽい雰囲気になり、たくましくない程度にちょっと丸くなって、いい感じです。
風邪薬のコマーシャルとかで見ると、かつてお嫁さんにしたい女優に選ばれたのもわかるような気がします。
でも、清楚な感じに見えても、実際は豪快だったりして、逆に綺麗な人は、明るい感じの人だからそうなのかなぁとも思います。
竹下景子、色々なドラマに出てますが、これはその中の一つ、“北の国から”の雪子役、雪子が東京に旅立つときに岩城滉一演じる草太が立ち読みをして、直接会うのはつらいからか、その後バイクで汽車を見送りにいく、そんなシーン、ちなみにこのスペシャルが、あの「子供が食べてる途中でしょうが」があったものですが、この別れのシーンもなかなか名シーンです。
そして、バックに流れているのが、森進一のところにかつて書いたあの歌です。

http://jp.youtube.com/watch?v=ByikQw-H7VY

そんなことで、竹下景子、やはりいいですねぇ。

PS 『結婚してもいいですか』を作詞した江美早苗もいい女優でしたね。



day 2008-12-0422:25
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

イメージのまんまの曲

クイズダービーもたまに見ましたが、その前番組の「お笑い頭の体操」をよく見てた覚えが・・・。でも、古すぎて記憶がボンヤリ(笑)。

竹下景子は、印象があまり変わらない稀有なお方。
『結婚してもいいですか』は、そのまま彼女のイメージをなぞったような楽曲で、イイですね。
実態は知らないけど(笑)。
day 2008-12-0518:47
name メロオ
trip -
url

編集 ]

こんな人も歌っていたんだぁ

女優の歌といえば、作家・伊集院静夫人の

http://jp.youtube.com/watch?v=JvlO5Hi_X-I

篠ヒロコ『霧雨の人』

こんなのがありました。
きれいで背が高くて、なかなか格好良い感じの方ですよね。
それでいて割と気さくなイメージもある。
この歌は、ほぼ初めて聞きましたが、なかなかいい曲ですね。

ところで、篠さんといえば、どうも私のイメージでは

http://jp.youtube.com/watch?v=X9ZRq6ivUm8

殿下とセットってイメージがありますが、某お騒がせするドラマの所為でしょうかねぇ(笑
このコマーシャルの別バージョンで、小野寺さんが篠さんに結婚しようといいたいのに「けっこん、寒いね」とか言っていたのがあったような気がします。
day 2008-12-2916:21
name Gemini...
trip dCi033Ww
url

編集 ]

篠ひろ子

【ゆうひヶ丘~】でよく見た女優さんだけど、私的にはあまりピンとこない人でした。
が、ゴジラ松井の熱心な応援者として親近感を抱くようになったこの頃。
ダンディ伊集院の奥さんになった時は、ビックリしたもんです。

ところで、「うまいっしょ」ってまだ売ってるのでしょうか?
昔好きだった「王風麺」が消えていったのはショックだった。
好みの味がもう手に入らないことほどショックなことはない。
day 2008-12-3114:16
name メロオ
trip -
url

編集 ]

やっぱり…

…この人はこのカテゴリーでしょうねぇ。

http://jp.youtube.com/watch?v=fvBAaz9nRms

杉田かおる『ある晴れた日に』(作詞:阿久悠 作曲・編曲:坂田晃一)

こちらは、テレビ朝日で放送された同名ドラマの主題歌ですが、坂田ワールド全開ななかなかいい曲です。

杉田かおると言えば、『鳥の詩』が一番でしょうが、私は杉田かおるよりもむしろドラマの中で一番最初に歌った

http://jp.youtube.com/watch?v=xT8gkxUQdZE

4:46ぐらいから流れますが、私は、西田さん独特の泣き声みたいな歌声が、ちょっと涙腺がやばくなります。
それにしても、藤谷美和子やアンパンマンの元旦那さん、若いですねぇ(笑
さっきのコメント同様、“かおる”に関するコメントになりましたねぇ(笑
day 2009-01-1116:48
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

知らないもので

前者は見られない地域に住んでいて、後者はまったく見ておらず・・・。
もちろん『鳥の詩』のヒットは知ってますが・・・。
いずれにしても西田さんと杉田さんにはなかなかタッチできないなぁ。
アンパンマンの元旦那とカルビー娘はよく見たんだけど(笑)。
day 2009-01-1119:22
name メロオ
trip -
url

編集 ]

かめさん

ビッグコミックオリジナルで長年連載されている漫画の中に“浮浪雲”があります。
問屋“夢屋”にいる雲の飄々とした遊び好きだが核心をついているキャラとその奥さんのかめさんの朴訥としたキャラと、その子供たち、周りを取り巻く人々の人間模様が、今の日本にないものだったり何なりで、未だに連載が続いているところをみると、人気があるのかなぁと思います。
この漫画、2回ほど、実写でドラマ化されました。
二回目は、平成に入って2年ころ、雲がビートたけしでした。で、かめさんをやっていたのが

大原麗子『さりげなく悪いやつ』
http://www.youtube.com/watch?v=uVNyskNfReY

でした。
これは、改変とか色々でごちゃごちゃした時期で、そのときだけドラマ枠になって、またバラエティに戻るとかそんな感じでした。ちなみにその時の主題歌は

たま『夕暮れ時のさびしさに』http://www.youtube.com/watch?v=d10-JlRptbI

でした。
たま、懐かしいですね。
今でも音楽活動はしているようです。

では、1回目のドラマは?というとですね、1978年、実は、これが入っていたときは、私の地域は、この放送局がカバーされていなくて、見ていないんですよ。
雲は、渡哲也、で、かめさんは

桃井かおり『昔のことなんか』
http://www.youtube.com/watch?v=SX8IcIxZpQs

でした。
また、桃井かおりか(笑 と言われそうですが(笑 この渡さんと桃井さんが夫婦という取り合わせもなかなかだと思います。
何よりも、その前に黒岩をやってその後に大門をやった渡さんが、雲と言うのは、意外な感じがします。
それが、何かの特番で、ちょっとだけ見ることができましたが、意外と合っていたりするんですよねぇ。
確か、倉本聰が脚本だったそうで、リアルで(地域がカバーされていなくて)見ていないので、見てみたいなぁと感じさせるドラマです。
そして、こちらの主題歌は

宮前ユキ『GIVE UP』
http://www.youtube.com/watch?v=vc6ujrGlfw8

これが、また、格好良い曲です。おそらく、樟さんもコメントしたいんじゃないかなぁ?と思ったりしますが、気のせいでしょうかねぇ(笑

こうやって見ると、意外とというか、1970年代の方が、新しいことにチャレンジする前衛的なものを感じます。
そう考えると昭和はやっぱり偉大だなあと感じずにはいられません。
day 2009-03-1022:10
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

70年代の余裕

私もそのドラマは見てないのですが、番宣でよく渡哲也の雲さん姿を見た覚えがありますね。
で、実は近々に彼を記事にする予定です。
いつものように中身はないので期待しないで待っててください。

桃井かおり、というとつい清水ミチコの顔が浮かんじゃいますね(笑)。
ついでに大原麗子様というとさんまの声マネが浮かぶし。
麗子様は、石原裕次郎の緊急入院のとき、浅丘ルリ子に電話して一緒に見舞いに行ったとのこと。(結局、面会謝絶で会えなかった)

>新しいことにチャレンジする
やっぱり今と違って時代に「余裕」があったんでしょうね。
day 2009-03-1119:23
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ある俳優の歌

俳優もここでいいのかなぁと思って前、仲村トオルの歌を書きましたが、俳優で肝心な、しかも実はいい感じの方を忘れていました。

火野正平『そのままに』(作詞:柴田陽平 作曲・編曲:比呂公一)
http://www.youtube.com/watch?v=tdihX-PodD8

火野正平と言えば、なんと言っても、男としては、妬ましいと言うか、うらやましいというか、そんな感じのイメージがありますよね(笑
しかし、こと歌を聴いてみると、それもわかるのかなぁとちょっと感じました。
最近出した『今年の薔薇』という曲もなかなか話題になっているそうです。

では、もう1曲

火野正平『だまって俺についてこい』
http://www.youtube.com/watch?v=osyD9snYl_E

植木等のカバーで、ハングマンのエンディングで使われていました。
この曲のカバーといえば、某少年J誌にかなり長い間連載されている警官の漫画のアニメの主題歌か挿入歌で天童よしみによってカバーされたものもありますが、雰囲気は火野さんの方が私は好きですね。

day 2009-03-2111:17
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

フェロモン

男優編も書かなきゃいけませんね(笑)。
でも、ネタが尽きないよう個別記事の方がいいかな。

同性なので、よくわからないけどやっぱり独特のフェロモン出してるんでしょ。
私はもっぱら加齢臭なんだろうな・・・嗚呼。
day 2009-03-2220:59
name メロオ
trip -
url

編集 ]

“V”ばかりじゃない、“サンバ”ばかりではない

変な表題つけましたが、ある女優とある俳優と二人取り上げます。

まずは、“V”ばかりじゃないということで

坂口良子『サインはV』
http://www.youtube.com/watch?v=PitA9Fk7lpY

この頃、ウルトラマンタロウに出て、怪獣とバレーボールやっていた記憶があります。
私的には、池中玄太に出ていた頃が一番綺麗だったなぁと感じていますが、そのちょっと後ぐらいに出たのが

坂口良子『まるで少年のように』(作詞:松本隆 作曲:坂田晃一)
http://www.youtube.com/watch?v=AJ9aIjkoye8

“田中丸家御一同様”というドラマの主題歌だったそうです。
このメロディライン、まさに坂田晃一と言った感じの優雅なメロディラインです。
私もあまり知らなかったんですが、坂田作品ということも含め、ちょっと気に留めようかなぁと感じた次第です。

次は、“サンバ”ばかりじゃないという事で

“暴れん坊将軍”
http://www.youtube.com/watch?v=2I4tzwoJ-jE&feature=related

『マツケンサンバ』
http://www.youtube.com/watch?v=i8hGP7A4k5Q&feature=related

という事で松平健です。
最近は、サンバばかりですが、昔は

『紙の指輪』(作詞:なかにし礼 作曲:西谷翔)
http://www.youtube.com/watch?v=840BriQGiYc

こんな曲も歌っていました。
なかなかいい曲ですね。
サンバより断然こっちのほうがいいですよ。
割と“暴れん坊将軍”の挿入歌で使われていた曲は、割といい曲が多かったんですよ。

あまり、ごちゃごちゃ書くと、“成敗”されても困るので、このぐらいにしておきましょう(笑
day 2009-03-2223:21
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

なかなかセクシー

うーん、なかなか坂口良子、良かったです。とくに『まるで少年のように』は(笑)。
でもこのドラマはまるで覚えてない・・・。

松平健はもともと歌手志望だったとか。
たしか昨年末か今年、NHKの「ふれあいステージ」でもワンマンショー(←死語?)してたっけ。
day 2009-03-2806:11
name メロオ
trip -
url

編集 ]

どん兵衛だけじゃない(笑

俳優、女優の方で歌を歌っている方が多数います。

どん兵衛
http://www.youtube.com/watch?v=OdZblwFlq7M&feature=related

川谷拓三、この人も歌を何曲か歌っています。

まずは、1976年の
『負け犬のブルース』(作詞:荒木一郎 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路)
http://www.youtube.com/watch?v=TbMqGiYoE2k

これは、必殺からくり人の主題歌だったと思います。
また、荒木一郎の詩がなかなかいい味を出しているのかなぁと思います。
そういえば、荒木さんと川谷さんは、ある縁があったりします。
荒木さんの出演が決まっていた“仁義なき戦い”を、広島ロケが怖いから嫌だと荒木さんが降板して、その代わりに抜擢されたのが、川谷さんだったというわけです。
川谷さんお演技は、強烈な印象がありましたねぇ。
もっとも、私の中では、どん兵衛のイメージしかなかったんですがねぇ。

私の中で、えっ、この人が?と思ったのが、1982年の

『だけど泣かないさ』(作詞:小室等 作曲:吉田拓郎 編曲:馬飼野康二)
http://www.youtube.com/watch?v=Putk2uBrpes

これは、TBSの金曜日の八時からやっていた○八先生シリーズの最後の貫八先生の主題歌だった曲です。
今までは、武田鉄矢、岸田智史、さとう宗幸と言った歌手の人がやってきただけに、えっ、どん兵衛の人?って驚きましたが、それはそれで味があって、確か、種田山頭火が好きだという設定だったと思いますが、いい先生だった様に記憶しています。
歌も味があって、いい感じです。
歌は語るように、せりふは歌うようにって、たまに聞きますが、まさにそれかなぁと思います。

川谷さんは、残念ながら、若くして亡くなりましたが、その笑顔と存在感は、いつまでも残っていくものだと思います。


day 2009-03-2811:32
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

名バイプレーヤー

小山ゆうが描くマンガで、そっくりなキャラがよく登場する川谷さん。
名バイプレーヤーで存在感たっぷりでしたね。
さすがに曲を出してたことまでは知りませんでした。

役者が歌うと「味」がある、という表現で語ってしまうけど、この人はその最たる一人ですね。
惜しむらくはヒットを出せなかったこと。
day 2009-04-0107:01
name メロオ
trip -
url

編集 ]

姉もなかなか

最近は、俳優とかちょっと離れてしまったので、今回は女優にします。

ということで、優雅な感じでいいなぁと言う曲をちょっと思い出しました。

これです。

荻野目慶子『愛のオーロラ』(作詞:岩谷時子 作曲:林哲司 編曲:萩田光男)
http://www.youtube.com/watch?v=FWidxPPxO-w

これは、確か、“南極物語”のイメージソング(映画の中では流れていない)だったように記憶していますが、スケールの大きいメロディと意外といい声が相まって、なかなかの名曲だと思います。

妹さんは、歌手として色々と歌ってますが、お姉さんもなかなかですね。
day 2009-04-1108:54
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

妹さん放置中

妹さんが登場したとき、姉妹なのに全然似てない、と思ってたっけ。
その妹さんの記事も長く書きかけ放置中だなぁ・・・。

荻野目慶子は、国営教育TVの司会の印象が私には強いですね。
day 2009-04-1318:04
name メロオ
trip -
url

編集 ]

北の国のドラマに…

…出てからは、草太兄ちゃんのイメージが強くなった感がありますが、格好良さは今でも持っている岩城滉一の歌を数曲。

『ダーティーサーティー海へ帰ろう』(作詞:荒木とよひさ 作曲:佐瀬寿一 編曲:青山徹)
http://www.youtube.com/watch?v=vgsdUBkGNlc&feature=PlayList&p=3D3F50CDE86DC347&index=4

『時のままに流されて』(作詞:荒木とよひさ 作曲:大野雄二 編曲:渡辺茂樹)
http://www.youtube.com/watch?v=M_SJudMjWZk&feature=PlayList&p=3D3F50CDE86DC347&index=3

前者はアルバム『Hunter』後者はアルバム『真夜中のヒーロー』にそれぞれ収録されている曲です。

なんて言うか、しっかりとしていないように見えて、芯が強いって言うか、うまく言葉で言い表せませんが、そんな雰囲気があって、いい曲ですねぇ。
荒木さんの詩、それぞれの作曲家のメロディ、アレンジがうまくかみ合っているなぁと感じました。
day 2009-04-1809:32
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

いわゆる悪声・・・

・・・だけど、それが個性でもある岩城さん。
クールスのことはよく知らないけど、やんちゃ坊主がそのままダンディになった印象です。
【人間の証明】での道楽息子役を思い出すなぁ。

舘ひろしにはヒット曲があるけど、なぜか岩城滉一にはないんですねぇ。
day 2009-04-1920:14
name メロオ
trip -
url

編集 ]

少し、長く

先日、大原麗子さんが62歳の若さで亡くなったと言う訃報が飛び込んできました。
大原さんと言えば、綺麗だけれど、どちらかというと男っぽい性格でさばさばしていて、強い女性と言うイメージがありますが、逆にその強さが、という感じがして、残念です。
しかし、その姿は心の中で忘れずに、永遠に生き続けるものだと信じています。
改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

やはり
http://www.youtube.com/watch?v=GKiNszdW0tQ&feature=related

このCM、これに尽きますね。

そして

大原麗子『顔を見ないで』
http://www.youtube.com/watch?v=lglqxoYHulY&feature=related
こんな歌も歌ってましたが、声がとても魅力的です。

では、出演していたドラマの主題歌を何曲か

山口いずみ『そよ風のように』(雑居時代)
http://www.youtube.com/watch?v=DBOZr6cd40g

大塚博堂『青春は最後のおとぎ話』(聖女房)
http://www.youtube.com/watch?v=BAhd4k24hyM

杉山清貴&オメガトライブ『サイレンスがいっぱい』(のん姉ちゃん200W)
http://www.youtube.com/watch?v=kVyAiBy1CKc

この3つのドラマ、偶然なのか、全て松木ひろし脚本です。
day 2009-08-0916:24
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

最後の女優?

まったく残念としか言いようがありません。
美しくさと可愛いさを併せ持つ人で、まさに「女優」という名がふさわしかったですね。

ところで【聖女房】は、なかなか再放送されないようだけどもう一度、見てみたいなぁ。
day 2009-08-1020:20
name メロオ
trip -
url

編集 ]

あの名曲が遂に…

私が、ここで度々
「この歌を聴いてみたい」
と書いていた曲がUPされていました。
それは、根岸季衣の曲です。
3曲ほどUPされていたので貼っておきます。

『音信川』
http://www.youtube.com/watch?v=WUi9VgLuL3Y

『淋しくなったら』
http://www.youtube.com/watch?v=PkfHCwv8xjY&feature=related

『ボクサー』
http://www.youtube.com/watch?v=NUsHY2masQ4&feature=related

想像していた通りの素晴らしい世界観ですね。
これらは、後に結婚するものの亡くなってしまった作詞家・大津あきらの作品です。
大津さん、世界観がいいですねぇ。
心を打つ、そんな詩が多いです。
そして、根岸さんの歌声、独特で低いところとか魅力的です。
ボンボン刑事が、殉職の回で指名したのもわかるような気がします。

根岸さん、今も、いい雰囲気はそんなに変わらないですし、これからも活躍して欲しい俳優さんです。

day 2009-08-1512:42
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

根岸とし江

たくさん歌ってたんですね。
以前も書いたけど、昔は桃井かおりと間違えたもんです(笑)。
やはりパートナーが作っただけあって独自の世界が構築されてますね。


day 2009-08-1622:33
name メロオ
trip -
url

編集 ]

また、昭和が遠くなり

南田洋子さんが先日亡くなりました。
最近は、旦那さんの介護により療養されていたようですが、ドラマやミュージックフェアなどテレビなどで昔はよく見ていた方でしたので、ちょっとショックでした。http://www.youtube.com/watch?v=74RrjwJYq8U
http://www.youtube.com/watch?v=Ecm5W75xsAs&feature=related南田洋子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
day 2009-10-2513:28
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

やはり異常な年・・・

今年はいったい何度、お悔やみを述べたことでしょう。
異常な年に感じますねぇ・・・。

世代じゃない私でも、TVではよく見ていた方です。
私も改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。
day 2009-10-2523:13
name メロオ
trip -
url

編集 ]

渡辺典子の巻・・・「花の色」

こんばんわ・・・(^-^)・・・。

突然ですが小野小町(おののこまち)、今からもう1100年近く前の女性なんですが・・・、
彼女の詠んだ和歌にこんなの、ありました・・・(^-^)・・・。

    花の色は  移りにけりな  いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に・・・
(あァ私の容貌は 衰えてしまった むなしくも   月日が経ち  ぼんやりしてるうちに)

・・・絶世の「美女」と言えど・・・、短いんですね「若き美しき」時代は・・・(^o^)・・・、
・・・つまり「男」に相手してもらえる「時」が短い・・・。

・・・で、「かくてはならじ・・・」という女性の歌、見つけました・・・、
それは渡辺典子さんの「花の色」・・・、コチラから、是非・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=jFSwsm17Roc&feature=related



花の色 移りにけりな いたづらに 人を愛しては駄目
初めて貴方に逢えた日は 心にも留めずに・・・

花の色 移りにけりな いたづらに 人を愛しては駄目
日ごとに貴方が憎めない 愛することを知る

喜びの裏側に哀しみが見える・・・ 傷ついて傷つけて 離れなくなるの・・・


夕暮れは 移りにけりな 気まぐれに 空を薄暮に染めて
貴方の寝顔に幸福を 運ぶのは誰なの

人の世は 移りにけりな 気まぐれに 
夢を追いかけてゆく 貴方の見る夢心から 叶うことを折る

愛しさの裏側に 切なさが滲む 傷ついて傷つけて 離れなくなるの・・・



作詞 三浦徳子、作曲 財津和夫のこの作品・・・、
・・・「花」の命は短いんだから、変な「男」に引っかかって人生棒に振りたくない・・・、
そんな「決意」な女性の歌だったんですねコレ・・・(^o^)・・・、
因みに「歌詞」の方の「いたづらに」・・・、これは「無駄に」の意味です。

そしてこれ、「インテリ」な女性の歌なんですね、
「花の色 移りにけりな いたづらに・・・」・・・、
・・・小町のこの歌、十分に理解している・・・(^-^)・・・。

ナカナカやりますね、三浦さん・・・(^o^)・・・、勿論秀逸、財津さんも・・・。



day 2009-11-1721:51
name
trip -
url

編集 ]

角川三人娘

・・・の一人でしたね。
以前、記事を書こうかな、と思ったけど曲をほとんど知らなかった。
それでもタマ不足になったら書いちゃうかな(笑)。
day 2009-11-2017:36
name メロオ
trip -
url

編集 ]

女優と言えば女優

ここは、女優の歌と言うことであるので、ある女優(元々は牧伸二の弟子の漫談家ですが)の歌に遭遇しました。

泉ピン子『哀恋蝶』
http://www.youtube.com/watch?v=MHDSGl11zc8

泉ピン子と言えば、ウィークエンダーなどに出ていましたが、今ではすっかり女優として、橋田作品になくてはならない存在になりましたね。
なかなかたくましい物言いなど、印象に残っています。
あと、長い台詞の幸楽舞台にしたあのドラマ、おしん、その他橋田作品もそうですが、私の中では、印象に残っているのが、“太陽にほえろ”のあとの金曜日の21:00からやっていた“花咲け花子”と言うドラマです。
これは、夫に先立たれて(亡くなった夫役が、殿下こと小野寺昭)、女手ひとつで沢山の子供を育てると言ったドラマでしたが、たくましさとかそういうのを感じて、印象的です。

さて、この曲初めてに近く聞きましたが、なかなかしんみりしていて、イメージとは違う面が見られた良かったかなぁと感じました。そして、この歌、作詞が藤公之介ですが、年代的には1976年、藤さん、大塚博堂の歌やアイドルなどの歌の作詞と併行して、こう言った曲もこの当時やっていたんですねぇ。
流石はプロの作詞家だなぁと改めて感じました。
day 2009-12-2009:51
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

ああ、こんな歌もあったっけ

いやあ、この曲は覚えがあります。
そこそこTVでも流れていたような。
十分、うまいし個性的な声。

ちなみに藤公之介は、当時郁恵ちゃんの曲も書いてますね(笑)。
day 2009-12-2014:08
name メロオ
trip -
url

編集 ]

馬飼野&高田 VS 吉田・・・伊豆の踊り子・・・

こんばんわ・・・(^-^)・・・、
映画監督の西河克己さんがお亡くなりになりました、享年91、
しかし驚いたのは彼が映画「伊豆の踊り子」・・・、コレを二度撮っていたという事実・・・。

私かねてよりこの二作品のテーマ曲・・・、
いずれも看板女優歌う、タイトルもそのものズバリ「伊豆の踊り子」・・・、
この楽曲の秀逸さに注目していましたのでこれを機会に取り上げてみようかと思います。

先ずはこちらから是非・・・(^-^)・・・、

「伊豆の踊り子」(昭和38年日活) 
歌 吉永小百合  作詞 佐伯孝夫  作曲 吉田正  編曲 同
http://www.youtube.com/watch?v=ZXCOQRNJTbE&feature=related

「伊豆の踊り子」(昭和49年東宝)
歌 山口百恵   作詞 千家和也  作曲 馬飼野康二  編曲 高田弘
http://www.youtube.com/watch?v=q5kZYQKXfYc&NR=1


・・・イカガでしたか・・・?
甲乙つけがたいですね私、その楽曲の出来に関しては・・・(^-^)・・・、
後発の馬飼野さんが先輩の吉田さんを意識して作曲したのは間違いないでしょうほぼ、
両者ともに和楽器を使い、出てますね「お座敷」の雰囲気・・・(^o^)・・・、
負けじと頑張ったようですねそして、件の高田さんも・・・。

さて肝心の歌声・・・、
これはもう吉永さんですね、サスガは吉田学校の優等生、
俳優よりも歌手専門で行った方が良かった位です、
何より「発音」が、そして「声質」も「歌唱力」も秀逸・・・、
出ないでしょうねこんな人はもう・・・。

この十年近く離れた二作品・・・、
いずれも本来主人公であるはずの男の「私」を差し置いて、
踊り子(吉永&山口)で見せる作品になってしまっていた記憶があるんですが・・・、
身分格差のあった時代の儚き恋物語・・・だとばかり思い込んでいた私・・・、
ある時(小説を)読み返してみてビックリ・・・、
実は踊り子達兄妹は「素封家」の出、
事情があって「廃嫡」にされた兄に付いてきたしかし「文盲」な妹・・・、
ナルホド高校(今の東京大学)の学生の「私」と話が合うハズ、「旅芸人」といえど・・・。

川端康成は上手に作っていたんですね、その辺り・・・(^-^)・・・。
day 2010-04-0722:14
name
trip -
url

編集 ]

伊豆の踊り子

「伊豆の踊り子」の歌は知らなかったですねえ。
百恵ちゃんにしても、この曲は忘れられた一曲でしょう。

残念ながら原作読んでないし、よく考えたら川端氏の作品ってほとんど読んでないなぁ。
day 2010-04-1814:53
name メロオ
trip -
url

編集 ]

ヨーロピアンな…

…ということで以前書いた

西田敏行・桃井かおり『ルネッサンス』
http://www.youtube.com/watch?v=1i4lIRnyvdU

のフルのがあったので貼っておきます。
この対比する詩、この辺阿久悠のセンスを感じますし、なんといってもいかにも坂田晃一といった優雅なメロディ、これが魅力的です。
day 2010-04-1820:48
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

いずれは・・・

西田氏も桃井さんもいずれ書かなきゃいけないかなぁ・・・。
しかしこの二人のデュエットは思いもよりませんでした(笑)。
day 2010-04-2418:58
name メロオ
trip -
url

編集 ]

つかこうへいさんが…

…62歳の若さで亡くなったというニュースが飛び込んできました。
闘病中とは聞いていましたが、こんなに早くとは…。
つかさんは小説、脚本、演技指導など幅広く活躍された偉大な方で、また昭和が遠くなったなぁと感じます。
でも、これからも語り継がれ心の中に生き続けるものだと私は思います。
つかこうへいさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

さて、つかさんと親交があった作詞家(大津あきら)の作品で、つかさんといえば、という俳優の一人である風間杜夫が歌っている曲を何曲か
『夏も泣いている』
http://www.youtube.com/watch?v=vybkw-XmDHY
『ララバイ・ロックンロール』
http://www.youtube.com/watch?v=WK1On19r4Kc
『My Summertime Blues』
http://www.youtube.com/watch?v=78A0tT7ICSk
『恋ならゆるやかに』
http://www.youtube.com/watch?v=nUSn9pIS1Aw&feature=related

そして
『蒲田行進曲』
http://www.youtube.com/watch?v=BAyr-y7n1pQ
この歌を聴くと、映画もそうですが、野球選手の加藤博一も思い出してちょっとうるっときます。
day 2010-07-1319:15
name Gemini....
trip dCi033Ww
url

編集 ]

トランペットの魅力 編曲家 竜崎孝路と青春の構図

新年明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します・・・<(_ _)>・・・。

・・・さてトップバッターは女優の故 早乙女愛さんに務めて頂きましょう・・・(^-^)・・・、
曲はメロオさん、ダマスカスさんはもちろん御存知、
そして私やGemini...さんも注目せざるを得ぬ傑作・・・、先ずはこちらから是非・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=tQl6fopVHJc

         
          イントロ

♪魔法の鏡を持ってたら 貴方の暮らし 映してみたい
 もしもブルーにしていたなら 偶然そうに 電話をするわ
 出来ることならもう一度 私の事を思い出して
 あれが最初で最後の本当の恋だから
 あれが最初で最後の本当の恋だから

          第一間奏

♪今日も同じ夜空の下 貴方もきっと眠る時間ね
 手帳につけた誕生日も そっと遠くでお祝いするわ
 こんな時にはどうしても 貴方に会いに行きたいけど
 あれが最初で最後の本当の恋だから
 あれが最初で最後の本当の恋だから

          第二間奏

♪出来ることならもう一度 私の事を思い出して
 あれが最初で最後の本当の恋だから
 あれが最初で最後の本当の恋だから
 あれが最初で最後の本当の恋だから
 あれが最初で最後の本当の恋だから

          エンディング


・・・いかがでしたか、松竹映画「青春の構図」のテーマ曲「魔法の鏡」・・・、
この映画、音楽担当が竜崎孝路さんだったんですね、
オマケに早乙女さん・・・、お亡くなりになってたんですね、知りませんでした・・・。

そしてこれまた竜崎さんからたどり着いた私・・・、感激です・・・、
チェロで始まり、トランペットが引き取り、マンドリンに受け継がれるイントロ、
ほぼ同じ第一間奏、
メロディーを使った第二間奏、
そしてトランペットとマンドリンで気高く締めくくられるエンディング・・・、
1974年の荒井由実さんのシングル「やさしさに包まれたなら」のB面だった曲が、
見事A面に、そしてグレードアップしてリリースされたようです1976年春に・・・(^o^)。

竜崎孝路さんはトランペットの使い方がとても上手、
「必殺シリーズ」のアノ殺しのファンファーレ、御存知の方沢山おられますが、
あの鋭さとともにこのような柔らかき響きもお手の物ですね彼は・・・。

さてその「青春の構図」なんですがこのテーマ曲・・・、
お話のどの辺りで流れたのか御存知の方、お教え下されば幸いです、
メロオさん紹介のYOUTUBE、
始め1/3ほど見て、後はいずれと放っておいたら削除の憂き目・・・(T-T)・・・、
全部見ておけばと悔やまれます・・・、
そして早乙女愛さん・・・、そのご冥福、お祈り致します改めて・・・、
「魔法の鏡」早乙女ヴァージョン・・・、
これはアイドル歌謡の最高峰に位置する作品のひとつだと思います、
カヴァーがオリジナルを追い抜いた数少ない例です・・・。


 
day 2011-01-0521:33
name
trip -
url

編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natuuta.blog15.fc2.com/tb.php/94-99c9a102

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。